So-net無料ブログ作成
検索選択

私自身の体重 [出産しました]

妊娠前から結構3Lサイズの私です。

妊娠初期から体重増加についてはさんざん注意を受けて、
血圧を測ったりもちろん体重も測って毎回チェックでした。
増えすぎるといろいろ大変だし、元が元なので、、、と
ちょっと傷ついたりしつつ、
でもベビーたちを安全に妊娠後期までおなかに入れておくため、
がんばったつもりです。

最終的には、+11kgでした。
どれだけ減るか、楽しみにしていましたところ、

出産2日後の体重測定では−9kg!
すげー。

しかもこれからまだまだどんどん減るよ、と言われてましたので
かなり楽しみにしてたら、
その後の3日で2kg増えてショック…。
なぜなぜなぜ。。。

しかし、
便通が回復するとそれもサッサと落ちて、

一週間後の自宅で測ったときには−13kgでした。


病院でも何か痩せた気がするなぁと思ってましたが、
自宅の洗面所で鏡を見た時とか、
顔を洗ったりする時の手の感触とかが、
何か今までと違うんですよね、
顔が小さいんだよね、
しぼんでるっていうかね。

体もそうで、
肩とか二の腕とか、絶対細くなったし、
足も細くなってる。

人からもそういわれます。
辛口の夫でさえ、顔が小さくなってると言ってくれます。

うれしー。

せめてキープしたい。
できればこのペースで減らしていきたい。


ホントのところ、体が産後疲れで相当ダメージを受けていて、
ごはんも今まで食べていたようなものは食べられないし
赤ちゃんたちの世話で眠れないしで、
多分どんどん体重は落ちると思われますが、

食欲なんて、多分すぐ戻っちゃうよね〜、こわいよねー。
だから、病院で出ていた超優等生食事をまねて、
低カロリーさっぱりとした病院食を続けたいと母にお願いしています。


体重は減りましたが、おなかはたるったる。
次のやることは、おなかのタルタルを引き締めること、かな。


つわりでヘロヘロの時でさえほとんど落ちなかった食欲、
臨月でふうふう言ってた状態でもがっついてた私、
さすがに産後はそうも言ってられないのね、
お産て大変ね〜。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

搾乳器がきた! [0カ月]

続けて読んでくれてる人ごめんなさい、
ちょっと飛びますが、忘れないうちにかきとめておきたいので…。


母乳の授乳、悩んでました。今も悩んでます…。

手術当日、手術中にはじめての授乳もどきをやり、
「もうでてる、スゴいね」という言葉を信じてちょっとだけ
ほっとしましたが、それにしても、母乳でるのかなあ、という不安は
消えない…。
当日の夜、新生児室に面会に行ったときも、授乳もどきをやって
看護師にほめてもらえたからやっぱり少しだけほっとしつつ
不安。

1日目は術後の痛が来る前の午前中に初乳授乳があり、
なんか無理矢理やったかんじで、逆に不安が増す。

翌日は看護師に搾乳してもらえて、励ましてもらって、
少しずつは出始めてるからどうにかなるんじゃない?
と思えるように。

ところが、3日目からは、毎日加速する不安と
マタニティブルー!?で、絶望的な気持ちに…。
母乳はうまくいかないし、姿勢は辛いし、手も肩も凝るし、
お腹は痛いし眠いし…。

私の乳首は短いらしくて赤ちゃんがうまく吸えない様子で、
看護師は根気よくやればどうにかなるんじゃない?とかいったり
今が勝負だとかいったり、いろいろ言われ過ぎて困惑…。
双子の世話と体のつらさ、とにかくいろいろたまってしまって、
泣いてばかり。
あんなに泣けてくるとは、さすがホルモンバランスの乱れ!!

4日目になると、母児同室が当たり前な空気。
もちろん夜も。
看護師に
「夜は預けたい、体が辛すぎる」と訴えたのに、
今やらないと家に帰ってから大変だよ、限界までがんばれと
限界に近い私にかなり強めに諭し、
「きついこといってるように思うかもしれないけど
今のうちに体験しておかないと…」というので、
二人のお世話が始まり、
さらに追い詰められました(涙)
その人は私に強めに言ったことを後悔したのか、それとも
飴とムチなのか、
1時の授乳が終わった頃部屋に来て、
「疲れてるね、もう預けてもいいかも、
がんばってるよ、これ以上無理しないほうがいいよ」
などと言い出し、
あわれみの目で私を見るのです。
私的には、それは9時の時点で言ってほしかった言葉でしたが、
今さら預けても仕方ないし、1時の授乳はこなせたし、
そんなこと言うよりも4時の授乳のときに手伝ってくれ!!と
おもいましたが、
こうなったら朝まで寝れなくても頑張ってやる、と
意地になりました。

双子だからたいへんだよね、困ったらすぐナースコール
してねと看護師さんたちは言うのですが、
そんなに気軽にコールをかけられるはずもなく、
でもやっぱり大変なときに最後の手段で呼ぶと、
大抵冷たくあしらわれるし、そんなことで呼ぶなと
言わんばかりの表情が見えたり、
顔だけだして、また少ししたら見に来ますねーという
くせにもう二度と来てくれなかったり。
まあはっきり言って頼りにならなかったけど、
それが現実なのかもとある意味体験できました…。

病院での毎日の授乳で一番嫌だったのは、
ミルクの置き場でした。
私の部屋から一番遠いところにあって、
しかもいつでも量が足りないし(二人分だから!?)
温かい状態を保ってるはずなのにいつでも冷えたミルクしか
ないせいで、ナースセンターまで湯煎のお湯を
取りに行かなければならず、
さらに、ナースセンターはミルクの置き場から一番遠いところにあり、
私の部屋からは遠回りの道しかなく、
とにかく毎晩毎回ミルクのためにさ迷い歩いていて、
それが何より体に負担でした!!

ミルクの置き場のストレスは帰宅してからは解消し、
ほぼストレスフリーになりました。
歩いて探し回ることがどれほど大変だったか…。
たつのがやっとなのに!

次に不安だったのは、母乳のこと。
出るかどうかより、どうやって含ませ安いちくびに
していくか、です。

このかたちならいずれ大丈夫、といってくれる人もいたけど、
この形だと吸わせにくくて大変だね、的なことを言う人もあり、
不安が消えない。

もちろん今後どうなっていくかなんてはっきりしたことはわからない
から、いろんな意見が出るに決まってるけど。


毎回直母をする気力も体力もなくて、
母乳育児のあまりのハードルの高さに打ちのめされそうに
なっているところに、
「搾乳」という手段を知りました。

最初の日にうっすら説明されたのを思い出したので、
まずは手動式のを借りてやってみたら、
60mlほどとれました。

あれ、出るじゃん?

ただ、手首がスゲーつかれる!


そして、機械式のをネットで調べてみたら、
メデラのシンフォニーという機械がとてもよく、
しかもレンタルがあるとわかり、
かなりテンションアップ!

病院にこの機械があり、最初の日に試したので、
もう一度借りてみることにした♪

そして、使い心地のよさと、使ううちに母乳がよく出るようになる
という情報で、レンタルすることに決めて、
退院のその日にレンタル注文しました。

退院まにそそこまでたどり着いてよかった…。


で、それが15日に届き、
さっそく、使い始めました~。


まだ出る量はすくないけど、明るい兆しなので、
頑張って続けてみます♪




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

帝王切開の麻酔 [出産しました]

先日出産した時の麻酔のこと、ちょっとだけ。

結構怖いかもなので、読みたくない人は読まないでね。






それはそれは不安で…。
麻酔の麻酔ってのが大概痛いわけで、それが恐怖でした…。

まず、手術中の点滴を入れるラインをとるために
手の甲に点滴をする針をつけるのですが、
その針が太い為に痛いので、針をさすための麻酔をして、
それから針を差します。
私を担当してくれた麻酔医はまだ若くてもしかしたらまだ
研修医かも…?で、
結局3回失敗しました…イテーヨ。

センパイ麻酔医に代わって無事完了でした。
だから、左の手の甲に3カ所無駄な針穴があき、右手の甲に太い点滴が
ついたわけです。右利きなのに…。

実際手術が始まったら、どのようにして麻酔をかけるか、
という説明があり、なんとなーくイメトレして、
手術をむかえました。


麻酔は胸から下の半身麻酔で、手術中の意識はあります。
足の感覚とか肌の感覚もゼロではなく、
でも、動かせないしすごーく不思議な感じ。
正座して足がしびれてたてなくなっちゃうみたいな
感じに似ています。
触ってるのはわかるけど、動かせなくて温度も感じない。


半身麻酔は腰の骨の間に針をさすみたいで、
私の担当はまたまた失敗しました。

もぉ…。
「もし足がしびれたりしたら言ってくださいね」
といわれた後、左足が足の付け根から指先までビリビリ~と
電気が走るようなしびれが来てビビーってなったので、
申告したら、
「あ、じゃあこれはやめます」
となり、最初からやり直しに…。

この体制きついのに。汗だくだよ…。


で、またまた結局、センパイにかわって、
あっという間に完了でした。


大学病院なので仕方ありませんが、
練習台になるのも大変です…。

麻酔の麻酔がかかると、足がジワーッとあったかくなりました。
とても不思議な気持ちよさ。
熱めのホットカーペットに座ったときみたいな感じ、
ジワーッとどんどんあったかくなって、ほっかほかになって、
じんじんと脈打つような感じ。
それをうつと、腰にうつ麻酔の痛みを感じないです。
だから全然痛くないと言えば痛くないのです。

麻酔をかけたあと、かかり具合のチェックをされて、
ここは冷たいですか?これは痛いですか?と
いろんなところをチェックし、
手術開始を待っているとき、
だんだん私の左足がベッドから落ちていく感じがして、
それを伝えたら、
足がずりってベッドから落ちました。
キャッチしてくれたけどね。


結果的には麻酔のかかりはかなりよくて、
胸から下の予定が胸よりも上、鎖骨の少し下あたりまで
ばっちりかかりました。

手術中は麻酔医が手術の様子を実況してくれまして、
「今おなか切り始めましたよ〜」
とか、
「もうすぐ子宮の辺りまで到達しまーす」
などと教えてくれました。


産まれたあと、処置がいろいろいっぱいあるようでしたが、
はっきり言って興味がなくなるしわからないしで、
ただ待つ時間になりました。
ベビーたちは産まれた瞬間チラッと見せてもらえたあと
30分以上も登場しないのでちょっと飽きてしまいました。

手術の麻酔によるものなのか、それとも前日の寝不足によるものなのか、
とにかく睡魔が襲ってきて、
「眠くなってきた」
と申告すると、皆さんそうです、という返事があったので、
ちょっと寝てみようかなぁなんて思ったりもしました。

寝ちゃうともったいないかな、と思いつつ、ときどきスゥーッと寝てしまって
いました。
そうすると、呼吸が落ちて酸素濃度?が下がるらしく、
何度も何度も深呼吸してくださーい、言われ、
起こされました。



麻酔のことは、こんな感じかな。


私は12時から手術で、だいたい6時間くらい効いていたみたいです。
6時頃から大変なことになりましたので…。


術後のことはまた今度。
怖くってごめんね、けど痛くないからこれから受ける人もご安心くださいませー。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

退院しました! [出産しました]

昨日無事退院いたしました。
母子ともに元気に帰って参りました〜。

また書きまーす。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

産後の疲労 [出産しました]

まずはみなさま、
お祝いの御言葉ありがとうございました♪
おかげさまでいい出産を経験できました!!


さて、
出産後、どんなようすだったかと言うと、
嘘みたいに平常心でした。

手術の詳しいこととかもろもろはまた書くとして、

とにかく、
手術がおわり、手術室を出て部屋までいく間に
家族と顔を会わせたときも、
部屋に戻ってからも、
自分は手術前と後でなにも変化がないのではないかと思うくらいに
あっけらかんとしてました。

生まれた瞬間の赤ちゃんを見たときと、
胸に抱かせてもらったときはうるっときたし、
お腹の感触とかを思うと、ああようやく出産したんだな、
とは思いましたが、
痛みもないし、疲れもないから、
心配して損したなあ、位に拍子抜けしました。


病室で夫や母と話をして、しばらくは私のそばにいてくれましたが、

朝から付き添ってくれて疲れただろうし、
明日から仕事だから、もう帰っていいよ、と、
帰ってもらいました。

その時点ではまだ麻酔が効いてたので痛みもないし辛さもなにも
なかったのでした。


傷の痛みと後陣痛がどれくらいくるんだろうという不安が
あったのですが、
看護師医師に聞くと、

今は痛みを無理に我慢せずに、クスリを使いますから、
大丈夫ですよ~と、
それはそれはやさしいトーンで言うので、
まあ多少の痛みは仕方がないにしろ、
我慢できる痛みなんだな、よい病院に入院したなぁ、
と解釈してました。


そこら辺の話はまた別のときにします、
希望の人だけ読めるようにします。


つまりはしょると、
夫たちが帰った後から、スゴいことになり、
まあなんとか乗り越えて、今日が産後4日目です。


3日目からシャワーが可能になったので
昨日はシャワーを浴びたのですが、

といっても10分だけだけど、

あり得ない位に疲れてしまいました!!

まだもとの調子に戻ってないのに、えらいつかれてしまい、
そこから一日たった今もまだ、疲労をひきずってます。

シャワーで疲れるなんて…。



産後うつにもなってるのかも、
何故か泣けてきます。


昨夜は看護師にもう少し限界までがんばれ的なことを言われ
涙ながら授乳をしたり、
寝てる赤ちゃんたちを見てたら泣けてきたり、

体も心もボロボロです。

貧血は収まらないし、5メートルも歩けばふらつくし、


大変です。



いまはまだ入院中。
スマホで更新してます。

書いておきたいことがいっぱいあるから、
かえってからまた書きます。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

生まれました [出産しました]

女の子と男の子の双子を出産しました。
予定帝王切開で、トラブルもなく、無事に二人とも元気に生まれました。

女の子が2970g、男の子が2860g、双子なのに立派だと
医師始めみんなが必ず驚いてます。


私の体重は、最終的にはプラス11㎏で、
産後二日目の体重測定でマイナス9㎏でした。

生まれた瞬間、おなかが劇的に軽くなったのがわかりました。
最初の子が出るとき、お腹の上をぐいぐい押されて、
うぅーって圧迫感を感じた後に、
生まれますよーという声とともに、
スルッと左側が軽くなったのを感じ、
はーい生まれました~と先生が目の前に顔をみせてくれました。

軽くなったなぁとしみじみ感じていたら、
今度は右側。
あっという間に右も押されて、うぅーってなったら
スルッと軽くなり、生まれました。

胎児だけで約6㎏だから、さすがに重いよね…。

お腹を触ってみると、ペッタンこでした!
いままではあばら骨よりもおなかがふくらんでいたのに、
すっかりなくなっちゃってて驚き!!
皮膚はしわしわで、押すと超やわらか。
ふにゃふにゃお腹に大変身です、たったの数分で。

実際にお腹を切り始めて5分位でうまれたかな、
あっという間でした。

手術は12時10分から入室で、
着替えて準備したり麻酔をしたりでなんだかんだ
1時間くらいはかかって、実際にお腹を切り始めて閉じて終わるまで は、
1時間50分位だったかな。たぶん。

最初の話では、入室してから30分位でうまれて、家族にはすぐにみせてもらえる、
みたいな話でしたが、
実際には麻酔に時間がかかったし、家族は二時間近くは待ってたんじゃないかな、
焦らしてごめんよー。


今回はとりあえずここまで。
続きまた書きます~
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

6時起床 [妊娠10ヶ月]

おはようございます!!
本当に早い。只今朝6時です。
このところゆっくりの日々だったので、
こんな時間に起きるなんて…辛いっす。
昨夜はやはりほとんど眠れず、
頭痛がします。
たぶん3時頃からどきどき眠れてたかもだけど、
あんまりいい睡眠ではなく、
スッキリしません。

今日の麻酔に響かなければいいけど。

それなら逆に眠れてしまえるからいいかも?



もう水分も禁止になったので、
カラカラだし、腹へったし。
することなくてひまだー。



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

眠れそうにないです [妊娠10ヶ月]

とりあえず入院しました。
まだ旅行気分は消えてません…。
9時で消灯ってことで真っ暗にはなったけど、
突然寝ろと言われたっていつものリズムがあるし、
とっても寝れそうになんてありません。

おとなしくしてるしかないなあとおもってたら、
診察させてほしいと主治医が来てくれたので、
ちょっと気が紛れました。

2週間ぶりの健診で、
子宮ケイカンは1.6㎝と、さすがに短い!!
エコーで双子の推定体重は、
1番ちゃんは3,500グラム、
2番ちゃんは2,800グラム。
1番ちゃんの体重は、さすがにちょっとはかりまちがい
かもだけど、確実に3,000gはこえてそうだということです。

明日はお昼頃手術が始まるらしい。
麻酔の説明があって、その他の流れの説明があって、
まあ、なんとなくイメージはつかめたかな。

私が入院したこの病院、すごく新しいみたいで、
とっても快適です。
広くてきれいで。今年の4月にたった病棟らしく、
とてもいいです。
手術後二日間までここにいて、その後は母子同室になるため
引っ越しします。
手術後二日間は体調の回復を優先にしてくれる
らしいので安心しました。
それから徐々に一人ずつ同室して夜のお世話の練習を
していくらしいです。

とにかく、スパルタ式ではなさそうでほっとしました。



あぁ、電池が切れそう…。寝るか…。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:妊娠・出産

入院してきます! [妊娠10ヶ月]

これから入院しまーす。
初めての入院で、ほとんど旅行とか遠足とかそういう気分ですが、
とりあえずいってきます!

妊婦生活は今日で終わりです。
5月から始まり、7ヶ月くらい?の妊婦生活、
振り返るとあっという間だったなと思います。

ただゴロゴロ寝てた、だけですけど。

では。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

37週0日 [妊娠10ヶ月]

37週にはいりました。
正産期になりました。ここまで順調にきて、ホントにほっとしています。

明日入院なので、妙にそわそわしてます。
もう一度入院セットを確認したり、やたら片付けたくなったりしてます。

片付けと言っても、ほとんど動くことができない状態なので、
口だけ出して夫に頼んでいます。
部屋の中で5歩くらい歩くのでさえ、えっちらおっちらで、
信じられないほどの遅さ。
笑えますよ、動けなさすぎで。
体重が増えてるのもあるけど、今だいたい+12キロ。
結構増えちゃったけど、もうしょうがないしね。
おへそ周りは123cm。
子宮底長は、45?cm。これは自分で測ったんでよくわかんないけど、
とんでもない数字だねえ。。。

マタニティーショーツをずっとはいてたけど、この2週間くらいで
それもはけなくなってしまい、おなかの下の方にずり下げてはいてます。
マタニティー用のパジャマのズボンもキツくてはけず、
唯一お気に入りの犬印本舗のおなかラクチンパンツで過ごしています。
これですら、縫い目が食い込んでるときがある…。けどこれはホントに楽でした。
買って損なし。

そういえば、腹帯、私使わなかったなあ結局。
最初の頃はした方がいいかなと思ってしてましたが、
いつも苦しくてはずしてしまい、
サイズの問題と暑さかなと思って、メッシュのやつで5Lとかのを
買ってみたけど、それでもやっぱりはずしちゃってたなあ。
5Lのはさすがに大きすぎて最初は失敗したかと思ったけど、
8ヶ月頃からちょうどいい感じになり、今ではぴったりです。
つけてないけどね。

まあとにかく、暑いんです。できれば裸族で過ごしたい位。
今まで寒さ対策ばっかり考えて生きてきたのに、こんなに寒くない日々を
過ごすことになるとはね。
産んだら終わるんだろうけど。

妊娠線がこの正月3日で、、えらいことになってしまいました。
おへその周りに、まるで台風の衛星画像のように渦巻き状に螺旋を描いた妊娠線が
無数にできてしまいました。
ああ…。
食べ過ぎたんだねえきっと。
悔しい…。

けど、もしも医師の方針でもっと出産が先の予定だったら、
もっともっとギュインギュイン出ちゃっただろうなあ。


いよいよあさってご対面だぁ。
どんな子たちなんだろうなぁ。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。