So-net無料ブログ作成
検索選択
第1期人工授精 ブログトップ
前の10件 | -

31日目「(´へ`; [第1期人工授精]

今朝の体温、36.18度。
げげんちょ、あぁもうダメだわ、決定だわね。  

だけどね、トイレに行くとまだ始まってないので、未だに望みを捨ててない私。 

妊娠を希望し始めて10年以上ですが、毎月のこの生理が始まるまでの数日が一番つらい。

つらいというか、やきもきするというか。
期待もしつつダメだったときのことを考えて期待しすぎないようにしようと自制しようと考えたり、、、。 

とにかく揺らぐ。 
実際に生理が始まっても、これは何か違う出血で、
ほんとはやっぱり妊娠できてたなんてことかも?って思っちゃう。


どこからも疑いようのない月経なのに。 
受け入れられないのよ。

私の中で本気でリセット確定するのは
生理3日目くらいのどんどん出るようなレベルになってから。 

つい気がつくと、「妊娠しててもこういうこともあるんですよ〜」
と言われることを想像してる。

「こういうこと」があるかどうかは知らないけど。  

今日たぶんとりあえず、生理が始まるわけで、
そうすると周期30日が完璧に守られてるということだ。
こんなに規則正しい周期なのにね、どうして授からないんだろう。 
 
もしもさ、私に何か問題があって、または夫に何か問題があって、
そのために妊娠しにくいということなら、
そのせいなんだろうな、と思うけど、 

とは言ってもそういうのもつらいだろうから、それもイヤだけど、 


今のところ何も原因になる症状はないし、気になる原因もないのに、
それでもできないってのは何か神秘的な原因からなのかなんなのか、
そうすると気功とか、神社とか、そういうものにハマっちゃうんだよね。

 ちぇっ、ちぇっ、ちぇっ。

生理がくる〜きっとくる〜 [第1期人工授精]

生理30日目。
今日は来るだろうと思ったけど、まだこなかった。
 
昨日は体温が下がったことで気持ちも下がってしまい、
一日中落ちっぱなしだった。
 
何をしてもダメな感じだったので思いっきり落ちることにして、
そして好きなものを思いっきり食べることにした。

フライドチキン、ヒレカツ、ロースかつ、エビフライ。
豚汁、大盛りご飯、あんみつ。
 
お腹だけは妊婦さん並にパンパンになり、またまた自己嫌悪に陥った。

イヤなことがあって発散するために食べると、またイヤなデブスパイラルに入る…。。。


とはいえ、
まだ生理は来ていないので、

もしかしたら、という気持ちが3割くらいのこってる。
 
明日だろうな、と思おうとしても、3割くらいは「…と思ってたけど妊娠してた〜」
って言葉を言う練習しちゃってるんだよね。
 
明日かも、いやもしかしたら次トイレに行った時にはなってるのかも。
 
今まで1日しか遅れたことがない私の生理周期です。
37歳、11歳のときから26年間で1日しか遅れたことないんですよ、
もしかしたら妊娠かしら、だなんて思ってる暇もなく必ず来る生理なんです。
 
だから明日は、必ず来てる。くやしいことに。
だけどまだ期待しちゃってる。こないかもしれないし。

体温降下中 [第1期人工授精]

生理から29日目。
 
期待してたんだけどなあ、だってやるからには期待しないはずないじゃんか。
ダメ元とはいえもしかしたら、って思ってる。

体温が下がり始めた。
 
いつもと同じ。
 
36.77が二日続いて、昨日36.67。
昨日は、あまり気にしてなかったんだけど、

今日は36.57。
 
やっぱし下がってきた。
 
ということは、今日か明日から生理だ。
 
はぁぁ。

期待やら不安やら [第1期人工授精]

今日は婦人科受診した日なので、特に気持ちが揺らぐ。

おまけに、太陽光発電の工事のために家にいなくてはならないため、
自然とパソコンの前に座ってしまい、
そうすると不妊治療のブログを読んだり、妊娠のこと調べたりしてしまう。

胸が張ったり乳首が痛かったりするのは妊娠の兆候かも、なんて記事を
読んだりしたら、ますます期待してしまう。

だけどこれ、多分生理前のいつものやつなんだよね。
 
 
今考えても仕方がないことをあれこれ考えて、
妊娠したかも、と、妊娠してないだろうな、とを交互に考えたり。
 
妊娠したあとにはきっと、この過程が幸せなんだなと思えるだろうけど、
だけど今の段階では、そういう風にも考えにくいんだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

高温期の血液検査 [第1期人工授精]

人工授精から10日。
もちろん何にも変化なし。
 
今日は高温期の血液検査。
これで何がわかるんだかわかんないですが、とりあえずやってきました。
 
プロゲステロンの検査、っぽいことが明細に書いてあったので調べてみました。

*********************************************************************************************************************************
エストロゲン(卵胞ホルモン)もプロゲステロン(黄体ホルモン)も女性ホルモンの一種です。
エストロゲンは、女性の第二次性徴の発現、生殖機能維持や卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖などの性周期の前半を維持する役割を果たしています。
一方、プロゲステロンは、卵胞発育の抑制などの性周期後半の維持、子宮内膜の肥厚、妊娠持続作用などの役割を果たしています。

血液中のエストロゲン、プロゲステロンの量を調べることによって、卵巣や卵黄、そして胎盤の働きがわかります。副腎や下垂体の異常で変化がみられることがあります。
*********************************************************************************************************************************
 
高温期にこういう検査をしておくと、いろいろとよくわかる、ということなんですね。 
 

次回の生理が来ないで、妊娠しているといいな。
 
先生からは、
今日は次回の予約はしないで、10日待って生理が来てなかったら、23日ごろに
予約を取ってください。
生理がそれまでに来たら、とりあえず電話してください。
 
と言われました。
 
そっか、そういえば前に通っていたときもそういうようなこと毎月言われてた
気がするなぁ。
 
 
これから2、3日ドキドキする〜。
 

 

胸が張る [第1期人工授精]

今日は27日目。いつも通りならそろそろ生理がきます。
生理周期は28日〜30日。
今日の体温は高温で、36.77度でした。
 
いつもなら、この6.7度台が2日ほど続いて、もしや?と思っていると、
がくんと下がって生理が来ます。
 
一回目から期待し過ぎだよなぁ。
 
 
昨日からやけに胸が張ります。
毎月生理前になると左胸は張るんですが、両方痛いほど張るのは久しぶりかも。
乳首もやや痛がゆいし。
 
けどこういうことも今までよくあったので、多分、違うんだろうな(_ _。)・・・

おっと、ネガティブ発言はいけないわね。
前向きに前向きに〜☆
 
 

 

ダメ元で [第1期人工授精]

先日仕事を辞めました。
不妊治療のためにやめたわけではないのですが、
結果的には、時間ができたので治療に通うことができるようになりました。

 
試しに通ってみようかな、と言い出してみたものの、まだマイナス思考が消えず、
どこか重い気持ちが残っていました。

排卵日前後に、いつもよりも回数を多く狙ってみました。
今回はできた気がするなぁ、とちょっと自信がありました。

でもこういう自信は今までも感じたりしたなぁ。

生理予定日になると予定通り生理が来ました。

何がいけないんだろう…。自然妊娠はやっぱり難しいのかもしれない…。
 
 
ちょうどその日の夜、不妊治療に関するテレビをみました。
体外受精を試みている女性に密着していました。
 
その方は、どっかがあんまり良くないので、体外受精でしか妊娠しない、と
医者から言われていて、体外受精をがんばっているそうです。
一人目も体外受精で授かり、今二人目をねらって治療中。
テレビは、2回目の体外受精が成功せず、というところで終わりました。


そういえば、私はタイミング法はやったけど、その先どのようなステップがあるのか
知らない、ということに気づきました。

不妊治療するとかしないとか7年も悩んでたくせに、方法も調べてないなんて、
私はどれほどこのことに関して避けてきたのか…。


それで、調べてみたら、
とりあえずステップとして、

1.タイミング法
2.人工授精
3.体外授精
4.顕微授精

という方法がある、というのがわかった。
 
不妊治療=体外授精のイメージがあったんだけど、その前の段階が人工授精なのね。
 
 
人工授精っていったいどんなことするんだろう、と不安でしたが、
排卵日の頃に精子を注入する、という、シンプルなもの。
精子が奥まで到達しやすいようにお医者さんが手助けしてくれる、というだけの
ものでした。

費用も1万5千円前後でできるらしい、ということがわかりました。
 
 
詳細なやり方がわからないとはいえ、私の中で人工授精に対する不安が
だいぶ消えました。
 
ちょっと怖いけど、挑戦してみようかな。
 
 
テレビで見たこともかなり影響があったかもしれません。
私は急に不妊治療に前向きな気持ちになりました。 
 
 
夫は今まで、調べてみたら、とか、どうやってやるの、とか、とにかく何にも
知らない状態のまま、私に疑問を丸投げしてきました。
その度に、
どん底のイヤな気分になりました。

私だって知らないし、私の方が不安なのに、なんで私に聞くんだろう…と。
私が調べて、それを説明しなくちゃいけないの、わからないだらけの私に?

今回は一緒にテレビを見たことで夫も同じ情報を共有できたので、
それも良かったのかなと思います。
 
 
一歩踏み出してみよう、という気持ちが強まり、時間的な余裕もある。
あとは、回数を重ねることに耐えられるかどうか、だけ。
 

夫は、
ただあきらめるより、ダメ元で一度人工授精も試してみようよ、と。

ダメでも、挑戦してダメなら、仕方がないじゃないか、と。 
 
 
精神的な負担はあまり感じませんでした、なぜだか。
あきらめているから?

あきらめムードではあるけど、やるからにはもちろん授かりたい。
授かりたいから挑戦するんです。
 

体外授精までやるかどうか、については、まだ考えてない。

以前人工授精を不安に思ってたのと同じように、今は体外授精はしないだろうな、という
ふうに思っています。
数回人工授精を失敗し、体外授精をしたくなるかもしれない。
体外授精で授からなくて、その先の方法まで試したいと思うかもしれない。

今はまだわかりませんが、少なくとも今は人工授精で授かるかもしれない、という希望に
すがって、日々を過ごしています。 


7年間の間 [第1期人工授精]

30歳の時半年ほど婦人科通いをして、精神的に落ち込みました。
なんだか劣等生の気分。

子供を抱いている人、妊婦さんを見かけると、不幸になればいいのに、なんて思ったり、
子供がいたらできないことだっていっぱいあるんだから、私は幸せなんだわ、などと思おうとしたり。

歪んだ気持ちになっていました。
 
とはいえ、まだ30だし、これといった不具合も見つからないわけだから、
いつかふいに妊娠するだろう、と思っていました。
 
そしてそれはすぐにくるだろうと。

だけど、
その頃転職もして、新しい職場でやる気も満々でしたから、
「不妊治療をしたいので休ませて」などとは絶対いえなかったし、
シフト制なので、治療の日をあらかじめ休みにしておくというのも難しい。
だって、
排卵前後は頻繁に通う必要があるけど、その他は全然いかないわけだし。
 
それに、不妊治療がしたい、だなんて、言えます?
妊娠したら仕事はどうする気?と聞かれたら、なんて答えればいいの? 
 
だいたい、パートだし。

7年の間に何人もの人に先を越されました。
結婚したばかりですぐ妊娠する人とか、結婚前に妊娠がわかってぎりぎりまで
働いて辞める人とか。
その人から、あなたはまだなの?なんて聞かれたら、落ち込みは半端ないです。
 
毎日基礎体温を測り、排卵前後は夫にお願いして「いたす」日々。
どうして私がお願いしなくてはならないの、と思いつつ、
私が言い出さなければわからない、と言われると仕方がないのかなとあきらめたり。
 
ストレスがいけない、だの、あきらめたとたんにできた、だの。
周りは勝手なことばかり言う。

幸い、どちらも両親は知らんぷりしてくれているので、そこは傷つけられなかったですが、
それでも親戚に子供ができると、それはそれはやはりがっかりしました。

子供が授かったことは幸せなことだし、私もうれしい。
だけど、私のことだけ考えてみるとやはり残念な気持ちがわいてしまう、
私じゃなく、別の誰かが妊娠したのだということが。
 
夫は、子供を産むために結婚したわけじゃない、と言ってくれます。。
こういう風に言われるとほっとする反面、
子供ができないのは私だけのせい、と言われているような気もしてきてしまいます。

夫はもちろん、そんなつもりはまったくないし、そうじゃないということも
もちろん冷静になって考えればわかっています。

でもひくつになっちゃうの。そういうときは。
 
7年の間に、何度かまた婦人科にかかろう、と思うときもありました。
ただ、日程的に難しいし恥ずかしいし、誰にも言えず。
 
婦人科じゃなく、気功に通った時期もありました。

「医学的に問題がなくても、体に問題があることはある」
などと言われて脅かされました。
 
市販のシャンプー洗剤、調味料などをやめるように言われたり、
なんとかドリンクを薦められたり、
お清めをしろだとか、お墓参りをしろとか、
いろいろ指導されました。

これらのことも全部が嘘だとは思いません、割と信じるタイプ。

だけど、
いま、2年くらいたつんですが、
最初に言われたこの言葉がひっかかります。

「私のところに来る患者さんのほとんどが半年以内に妊娠してます」
「そのうちほとんどが2ヶ月くらいでみーんなできちゃうの」
 
最初は、その言葉がうれしかった。
私も授かる、って思った。

だけど、半年経ち、1年経つうちに、
そのデータって一般的な妊娠率なんじゃない?と気づきました。

2年経って今でも妊娠しない私には、不妊に効く治療、というものを
ほとんどしなくなりました。
 
医学的に何も証明されていない気功なので、何ともどうにも言えないですが、
全体的に体の調子が良くなっていると感じているのは事実なので、
気功を否定しているわけではないんです。
 
気功で授かった人もいるでしょうし。
 
今も一応通ってます、今までのペースからはだいぶ間を空けてますが、
体調管理の一環で。
 
 
つい3ヶ月ほど前、なぜだか急にあきらめモードに入った時期もありました。
37歳だし、体は急速に衰えて行くから妊娠も難しいらしいなんて聞いたりしたことも
理由だったりします。

だけどなぜだか、急にどうでも良くなったんです。

犬を飼い始めて、何となく疑似育児みたいのを体験したので何かが
満たされたのかもしれないし、単に疲れたのかもしれない。

だけど、今までの「できなかったらどうしよう」みたいな後ろ向きの気持ちが
急に消えてきました。
今までずっと幸せだったし、これからも幸せな夫婦でいられるんじゃないか、
こんなふうに考えるようになりました。


なのに、
夫にそのことを話すと、

やっぱり子供は欲しい、と言い出します。
 
私がようやく踏ん切りがついたところなのに、今さら何を言い出すんだ、と思ってしまいました。
 
その頃義兄の赤ちゃんが遊びにきていて、それで急に赤ちゃんが欲しいと
思ってしまったんじゃないかな、と思います。
 
 
今までずっと人まかせにしてきたくせに。
子供はいなくてもいい、と言ってくれてたくせに。
積極的に「しない」くせに。 
 

夫にそういわれたことで、私の気持ちがまた落ち込んでしまいました。
子供いなくてもいいって、言ってたのに…。
 
そしてまた排卵日の頃に狙ってみましたが、
生理は予定通り来る。

何がいけないんだろう。



人工授精2日後の診察日 [第1期人工授精]

今日は診察日。
人工授精から2日後、排卵があったかどうかのチェックです。
 
内診で排卵があったことが確認されました〜。


ちょうどいい日に狙えましたね、と先生。
 
今日は注射をして、終了です。

一週間後、高温期のいい時期なので採血しましょう、と言われました。
 
 
これで成功してたらいいんだけど、
たぶんまた次回を迎えることを考えて、検査するんだろうなぁ。
 
ところで、昨晩、お風呂に入るときに気づいたんだけど、
茶色のおりものがでていました。
いつも排卵の頃に出るネバネバした透明っぽい感じのやつが茶色くなってました。
 
先生に聞いたところ、中をいじったんで出たと思います、とのこと。
なるほどね。 
 

37歳で再開 [第1期人工授精]

私は26歳で結婚しました。

子供はすぐにできるだろうけど、まだ欲しくないなぁ、できれば数年は。

夫とは学生時代から7年つきあって結婚。
結婚を機に仕事も辞めましたが、まだ子育てに入りたい、という気持ちになれなかった。

2年ほどは避妊をしていました。

28歳頃に、そろそろ子供ができてもいいと思えるようになり、
割と積極的に子供が欲しいと思い始めましたが、
それでもまだ、
子育ては…。。。自分にできるだろうか…。。。仕事もしたいし…、とはいっても
キャリアがつくような感じにばりばりしたいわけでもないし…。。。
など思ってました。

28歳くらいだと、早くもなく遅くもない、一番いい時期じゃないかな、と思ってもいました。

子供が20歳のときに48歳。
理想でしょ。

この頃は基礎体温なんかも特につけてなくて、生理からかぞえて15日前後に
すればいいと、その程度のことを実践していました。
とはいえ、今日しましょう、といってもすんなりできるって訳でもなく…。
ちょうどいい日に夫婦生活できたのは何回かしかなかったと思います。

30歳になり、
これはそろそろ婦人科にかからないとまずいぞ、と思い始めました。
一般的に1年から2年でできなければ不妊と考えます、とかいう何かを読んだんだと
思いますが、30になったし、そろそろヤバいんじゃないか、と。

周りでも、結婚し子供が生まれました、なんて報告が多くなりました。

婦人科に行って何をするんだか、全然知らないまま、とりあえず行きました。

土曜日仕事が休みだったので、とりあえず近くの病院に行ったら、
「不妊治療を考えるなら、土曜日しか来れないとかだと無理だよ」
と言われました。

当たり前のことですが、私にとってはいきなりハードルが上がってしまったような
感じでした。
平日は仕事なのに、どうすればいいわけ。

でも当時の仕事は5時か6時には終わっていたので、仕事が終わってから
行くことになりました。

そこは産婦人科だったので予約していっても全然予定通りには動きませんでした。
6時とか7時に行ってもたくさん人が待っていて、2時間待ちがほとんど。

待ちくたびれました。毎回。

そして、その度に、明日も来れますか?3日後来れますか?と
次回の相談。

そのうちだんだん、何のために通っているのかわからなくなってきました。

もちろん、体のタイミングを合わせて妊娠へアプローチするわけなので
こういう治療が当然なんだけど、当時はなかなか気持ちを切り替えることが
できなかった。

私自身は、今日です明日です、と先生から言われて妊娠へ向けてやる気をあげて
いっていても、
夫は、今日は疲れてる、今日じゃなくて明日じゃダメなの?あ、明日は飲み会で…、
みたいな感じ。
今日は早く帰ってきてねと言っても仕事の都合で遅くなってしまったり。
夫は夫でがんばってくれていたと思いますが、タイミング法6回目の頃には
立たなくなったりしました。

今までそんなこと一回もなかったのに…。

私の方の検査はとりあえずどこにも何も支障になるようなものは見当たらない、とのこと。
一度旦那さんの方も調べた方がいいんだけど、と言われました。

それを言い出したときは、さすがにぎくしゃくしたなぁ。

いやだ、と口には出さないものの、全身でイヤだと言っているのが伝わってきて…、
かといって調べてもらわないことにはこれからのことがはっきりしないので、行ってもらわないと。

自分で予約を取って、仕事の合間に行ってくれたようでした。
どういう風にどんな感じに検査した、とかは聞けなかったです。

結果は、まったく異常なし。

夫婦そろってどこも問題ない、ということでした。

なら、何で妊娠しないんだろう…。


タイミング法を6回やって、夫婦の検査も終わって、
さてどうしますか、と先生に聞かれた。
次のステップへ進みますか?と。

次のステップって、人工授精かなぁ。
人工授精ってどういうんだかわかんないけど大変そう…。

で、出した結論は、
夫婦生活もぎくしゃくしちゃってるのでしばらくお休みします。


そしてそこから7年お休みしました。
 


前の10件 | - 第1期人工授精 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。