So-net無料ブログ作成

卵管造影検査 [検査]

今日は卵管造影検査でした。
8年前に一度これやったことがあったんです。
結構痛かったんで怖かったし緊張しました…。

前回は、
管を入れたあとが痛くて、そのあとは何ともなく、
造影剤とか入れたりするくだりは全然覚えてないんですけども、
レントゲン撮ったあとは全く痛みもひいて何事もなかったかのようでした。

その記憶があったので、
くださえいれちゃえば終わりだわぁ、と思ってました。

くだを入れたらやっぱり痛くて、重い生理痛のような感じ。
チクリとする感じもあって、こわごわ歩いてました。

クリニックからレントゲンのある総合病院へタクシーで移動。
移動中はイヤァな感じ、具合悪いよぉみたいな。

でもここさえクリアすれば、さっさと終わっちゃうし。


って思ってたら、
今回は全然違いました!


ちょーいたかったよぉ…(T△T)



痛くないって思ってたから、意外でびっくりしてしまって、
しばらく動揺がおさまらなかった…。


造影剤入れるときがビビる痛さ!


今回はモニターを見ながらの注入でした。
入った瞬間に子宮の形が見えて、よく見る形に線が入りました。
あのグリコのポーズみたいな両手広げたみたいな形。

先生には、大丈夫何も問題ないよ、ちゃんと通ってます!
と力強く言っていただきました。


まあとりあえず安心。

だけど何だよぉ、痛いぞ。


こんなに痛いとは思ってなかった…。
個人差があると言うけど、その痛い方よりだったんだわぁ。



私の他に2人一緒にやったんですけど、
1人の人はくだを入れるあたりだけが痛くて、あとは全然でした、って。
もう1人は、私と同じ感じだったみたい。

数日は赤いのが少しでるよ、ということでした。


イヤだなぁとずっと避けてきた、と言うか、、、まあ声をかけられなかったんで
しないできたってだけだけど、
卵管造影してつまってる疑惑も晴れた。

じゃあなんでなんだ?

と思ってしまいますけども、


「現代の医学では見つけられない原因があってそのせいで不妊なのかもしれない」
ということもあるから、
まあ、あんまり深く考えないようにします。


東尾理子さん、無事ご出産されたようですね、
不妊治療をしている女性の気持ちをいろいろブログで発信してくれて、
私も、「がんばってるのは私だけじゃない、不安なのは私だけじゃない」って
思えて安心できたりして勇気をもらいました。

彼女はその結果妊娠して出産できたので、うらやましいなとおもう。
妊娠がゴールじゃなく、出産がゴールでもなく、これがスタートなんだ、
って言ってたね。



私の今の目標は妊娠。
だけど妊娠はいろんなことの始まりなんだ、

とはいっても、


妊娠しなかったって私の人生が終わるわけじゃないし、
私の人生が無駄なわけでもないし、
私たちの結婚生活が不幸せなわけでもない。



あぁ、なんだろ、書いてたら涙がこぼれた…。


検査で疲れたのかな。



不妊治療のこと考えて泣いたの初めて…。
実はつらいのかな、先が見えないからかな。


泣いても、たった1分くらいしか経ってなかった。
そう、そんなもんさ。


これから体外授精へ向けて行動していくんですが、
それだって、「最後の手段」だとか「これに賭ける」とか
思わないで、

体外授精のことを本で調べたり、ネットで調べて、
わかったような気になってるけど、

自分で体験して調べるくらいの気持ちで、
実際にやってみて感想文を書こう、くらいの気持ちで
臨みたいと思います。


不謹慎かな、そんな態度。


別にふざけてるわけじゃなく、こんなこと遊びでやってみるわけでもなく、
気持ちを持っていくところがなくなると怖いから、
必死で自分に言い聞かせているだけです。


いい結果が待っている、と思いながらがんばるのはつらすぎる。


そう思いませんか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。