So-net無料ブログ作成
妊娠3ヶ月 ブログトップ

なかなか手ごわい [妊娠3ヶ月]

つわりってホント大変なのね…。
時期的にはまだ収まらないのはわかってますが、だからといってこのどうにもならない気分の悪さ、参ってます…(´д`|||)

今朝は体温が36.5°で、
あれれ?低いかも?と
心配になりました。

早速ネットで検索すると、

12週ごろから体温も下がりはじめる、

という情報でした。


へえ、そうなのかあ。
知らないことばかりだ。


体温が落ち着いてきたら、体調も落ち着いてくる、というのもあったので、
期待してます。

一週間位前から、お腹が張って痛かったのが収まってきました。

移植後からずっとお腹が張って痛くて、下着のゴムもつらくてすぐにマタニティーショーツにかえて、
まだ妊娠2ヶ月のときから今までのズボン系は着れなくなってて、
デブっていろいろやっぱり損だなあと思ってたんです。
パジャマのズボン、もとからゆるゆるデブサイズのやつ、ですら、
ウェストのゴムが痛くて…。

今からこんなんじゃ、これから先私はどうなっちゃうんだろ、と思ってました。

だけどお腹の張りが少し収まって、お腹も若干引っ込んで、スッキリして、
パジャマが痛いのはなくなりました。

前から卵巣が少し腫れてるといわれてたので、それが収まってきたってことかなと。


つわり対策はあいかわらずたいした効果はなく、ただ時間の過ぎるのを耐えるって感じ。


がんばれ、私(о´∀`о)




病院決まり。今日はほとんど愚痴です。 [妊娠3ヶ月]

ようやく病院が決まりました。
ようやく…、、、というのは、、、
ちょっといろいろあったので…。

今週は毎日出かけて、ハードだった…。


22日→不妊クリニック卒業。
24日→元のクリニックへ。紹介状をもらいに。
25日→元のクリニックへ。紹介状の訂正に。
26日→紹介先の病院へ。
27日→元のクリニックへ、もう一度紹介状をもらいに。
28日→新しい紹介先へ→受け付けてもらえず… 
   もうひとつの病院へ。ようやく病院決定。

毎日ハードだった…。

もともと、A病院にしようと決めてクリニックへ行ったところ、あまり良い評判でないらしいことをうっすら先生から聞き、ならばB病院にします、と、B病院に紹介状を書いてもらった。

念のため、診察受付時間などを確認するため電話し、双子だと伝えたら、
双子だと診られないと思います、との返答。

じゃあ、行っても二度手間になってしまうので、しぶしぶA病院にすることに。
でもそうすると、紹介状の宛先が違う…、ので、、、
宛先を書き換えてもらうために翌日またクリニックへ。
書き換えてもらった紹介状を持ってA病院へ行きました。
が、、


何とも、イヤな病院。
婦人科の患者さんがほとんど50〜70代で、妊娠出産のうきうきした感じゼロ。
中の作りが狭いし、変な作りで、迷路みたい。
診察、内診、診察のたびにあっち行ったりこっち行ったり。
おまけに、診てくれた先生が最低。
当病院は担当医制をとっておりません、とか書いてあって、
よく読むと、
診察と内診が違う先生の場合があるって。
なんじゃそりゃ。どんだけ流れ作業なんだよ。
曜日ごとに毎日先生が違っていて(まあこれは総合病院だとよくあるけど)
次回はまた別の医師が担当するかも、ってことだけど、
そりゃそれでもいいけど、診察と内診が別の人って、ある???
おまけに、
何にも説明してくれないくせに、「双胎のリスクに対して理解が欠如している」
とかカルテに書いてる。
怒りモードになりました。


内診の時、
卵巣が腫れてるなぁ、とエコーを見ながら先生がいい、

あ、ちなみにエコーは私には全く見せてもらえないし、患者用のモニターもない。
内診台にカーテンもなくて、まるみえ。ちょーやだ。医師と看護士で覗き込んでる。

卵巣を刺激したのは何の薬だった?と質問された。
急に言われても覚えてねーし。
ちょっと覚えてないです、わからないです、と答えると、

何か説明されなかった?この薬で卵巣刺激しますとかさぁ、とまだ聞く。

だ、か、ら!


すみません、わからないです、説明は受けたけど、と答えた。

なのにさらに3回は聞いてきた。

わからないものはわからないし。
しつこい。

内診後の診察では、

卵巣腫れてるけど何の薬で刺激したかわかんないからどーしよーもないけど、
ま、そのうちおさまるんだろうけどさ、
ホントに全然覚えてない?っていうか何の薬を使うかとか知らないで受けてたわけ?

などなど、
えんえん、注射の話をぐだぐだ言われ、
不妊治療して来る人は大抵こんな感じなんだけどね、と、バカにしてんのかと思う言い方で
言われた。
ちなみに、ゴナピュールって薬だった、とあとで思い出したけど、それがわかったところで
どうにも対処しようがないわけだから、言ってもしょうがないから言わなかった。

それに、

2人の大きさがちょっと違うのが気になります、と。
え?と不安げに聞き返す風に言ったら、、

まあ問題ないと思いますけど、だって。

だったら言うな!



今後の流れとか、予想される症状とか、とにかく何にも説明なし。
次回は3週間後でいっか、じゃあこの日ね、9時半。
と、どんどん勝手に決めて、さっさと終わらせられた。

ドアを開けかけたら、
あ、そうだ、何か質問あれば。
と言ってきた。

なので、
元のクリニックとこの病院と両方通うとかって出来ますか?
と聞いた。
だって、ここに通うの不愉快だし、地元の方が安心だし、
地元なら内診時にエコー見れるしいろいろ親身になってくれそうだから。
もちろん、そんなことは言えないのですが、、、

そしたら、

なんで?なんのために?何のためにそっちも行くわけ?
そんなさぁそっちに行っててそのときなんかあったらどうするわけ?
そっちで入院するの?そっちで入院とかなったらどうするわけ?

と、めっちゃキレられた。ため口。

だって、
受付でもらった受診の心得みたいな説明書には、

里帰り分娩希望の人は自分で勝手に産院を探して検診受けといてね

ってかいてあったから、
私もできればそっちの方が快適だからそうするんだよ!

って思ったからきいたんだけど、
できないんならしょうがないし、もしできるならしたいなと思っただけで、
だいたい、質問あるかというから聞いたのに、なんでそんなに中学生みたいにキレるわけ?


毎日通うわけじゃないんだから、がんばって通って来なよ、わかった?


と言われ、
あぁ〜あ、ここに通うしかないんだなあとがっかり。
この先生イヤだからあとで別の曜日に予約変更しよう、と心に決めました。

診察後、予想外にも看護師さんに呼ばれ、なんだろうと思ったら、
今後のスケジュールとかの紙と、次回の予定の確認、妊婦検診のクーポンみたいなやつの説明を
してくれました。
医師の診察は極力少なくして助産師に任せています、という方針らしいので、
たぶん医師はさらっと症状だけ見る診察、あとは助産師が話す、ってことなんだろうね。

助産師さんは普通だったので、ちょっとだけほっとしましたが、

カルテを盗み見たら、

「クリニックとここを両方通いたいという申し出あり。
毎日通うわけではないのでがんばって通うように、と説明。
双胎のリスクに対する理解が欠如している」

と書かれていました。

理解が欠如している…。

あの、説明を受けていないのですが。
ネットでいろいろ見ては来たけど。だいたい、知りたいから聞いてんのにただキレて終わりってなんなんだよ。



この日は一日中怒りまくりで、
つわりの気持ち悪さも過去最強だし、頭痛はするし、
ただでさえムカムカするのに、病院でのことを思い出すとさらにむかついて、
いやでいやでたまらなくなりました。
泣けてきました。

でも、ここしか診てくれるところないから…、我慢するしか…。


そういえば、このA病院も電話で問い合わせたときには双子が受けられるかわからないけど
とりあえず受診してくれ、と言われたんだった。
だったら、
B病院も、電話でダメって言ったけど診てくれるかもしれない、と、
薄い望みを持って、B病院で受けられるように紹介状をまたもらってきました。


そして今日28日、B病院へ。
ところが、ほぼ門前払い。
双子はうちではみれません〜、と突き返されてしまいました。がっかり。。。。。。。。


やっぱりあそこなのか…。



だけど、そうだ、
もっと遠いところにひとつあった。
そこは埼玉県で一番手厚い施設。
ただし、混んでるし遠くて大変だからと外していたところ。

最初の選択肢の中では1番気に入ってたところだなぁ、と思い出し、
Bから直接そこへ行きました。
受付時間ギリギリだったけど、診てもらえました。


Aから比べると、時代が30年くらい進んでいる感じで、超快適。
先生は優しく説明してくれるし、私の話もきちんと聞いてくれます。
内診も同じ部屋ですぐに診てもらえて、もちろんエコーも見せてくれました。
今日はまた大きくなってた。3.4cmくらいになっていて、2人とも元気でした。
1人は心臓が動いているのがよく見えたし、もう1人はしきりに動いていました。


今までかかった病院の中で一番いい診察だったと思いました。
安心しました。ここでなら落ち着いて通えそうです。
ただ、激混みで超待つけど。
でも待ったっていいよ、あんなとこに行くなら。


自宅から車で1時間ほどかかりますが、しかたありません。

診察は待ちますが、会計はビビる早さだった。2分くらいしか待たなかったなぁ。
早すぎ。



今週は病院選びで不安だったから、ようやく決まってほっとしました。
今日は久々にそれほど体調が悪くないのでダブル受診も可能だったけども、
いやぁ、それにしてもよかったよかった。


今日の血圧が、148/86でした。
高いみたい。
この数値は危険な数値らしく、これから毎日血圧を測って管理するようにと言われました。
普段もこんなに高かったら、やばいらしいです。
自宅で120とか130とかならよいらしく、それを知るためにもきちんと毎日測ってね、と。

血圧のことだけじゃなく、これから心配されることなど、丁寧に説明を受けました。
ひとつひとつ説明を受け、結構リスクが高いんだなぁと改めて理解しました。
はい、理解しましたよ。説明してもらえたからね。

長期入院になる可能性が高そう…。怖いけど、がんばらなきゃ。


病院が決まって気持ちが晴れて気分も良かったので、
帰りに市役所へ行って母子手帳を受け取ってきました。
2冊。

ついでに、不妊治療費の助成金の申請に使う証明書もとってきました。
すごい効率的!

近々きちんと計算もして、申請に行ってこようと思います。

これから先、いろんなことが起こりそうだけど、がんばって乗り切る勇気が
出てきました。
がんばるぞぉ。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

祝卒業 [妊娠3ヶ月]

9週の検診。
まるっこい頭とおしりと、手と足が見えました。
なんか雪だるまみたいな、「まる」ばかりだったけど。

おとといはすっかり気分が良くて、いい一日でした。
庭仕事を少しだけして、洗濯と軽く掃除。
少し昼寝をして、というさわやかな普通の日。
たまにはないとね。

昨日は検診で出かけましたが、
行きは何ともさわやかで快適。
だけど激烈待ち時間でげんなり…。

帰り道にうっすら頭痛がするなぁと思ってたら、
午後はガッツリ頭痛で困り果てました…。

今週1週間は、結局この金曜日の1日だけが救いでした…。


つわりは5ヶ月くらいまで続くそうだから、先が思いやられます…。


今回の検診で不妊治療の病院は卒業でした。
何か一言あったりするかな、言った方がいいかな、と考えてましたが、
「じゃあまぁ、分娩がんばって」
と先生。

あ、はい、がんばります。。。

素っ気ないけど、でも、お医者さんらしい言い方かな。
予定日表ももらいました。
1月25日が予定日だそうです。
そこまでがんばっておなかに入れとかなきゃ。。。

来週は元のクリニックを受診予定。
そこで総合病院への紹介状を書いてもらう予定。


ここまでトントン拍子であっという間に来たなぁ。
ここ1ヶ月くらいはほとんど寝てたので、さらにあっという間。

あれもできない、これもできない、と考えてしまいがちで、
バイオリンの発表会も欠席しようとしてたけど、
先生の励ましでまた少しやる気が出てきたので、
つわりがひどくない日はバイオリンも少し弾いて
気分を落ち着けたいと思います。
先生には妊娠のことはまだ言ってないけど…。
実際発表会の日頃にはどんな体調なんだか想像出来ないけど、
今できることをガンバリマス。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
妊娠3ヶ月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。