So-net無料ブログ作成
検索選択
不妊治療の費用 ブログトップ

領収書は大事! [不妊治療の費用]

不妊治療費助成金の申請に行ってきました。
必要書類を揃えて、窓口へ。
全部きっちりそろってるはず。

と、
あれ?、
そういえば振込した40万の領収書ってもらってなかったなぁ、と、
窓口で気づく。

けど、請求書あるから平気かな?
けど請求書は請求書であって払った証明ではないなぁ。。。

するとやはり、ダメだということで…、、、
げ、やばい???

振り込んだときの半券は手元に残してあったので、
大丈夫でした。

ただ、やはり領収書が必要なようで、、、
半券と交換で領収書を発行してくれるそうで、、、

遠いので郵送で対応してもらうことになりました。


あぶねえ、あぶねえ。


振り込んだのを確認したら自動的に領収書もらえるのかなぁと
勝手に思ってたんだけど、
そういえば何にも説明してくれなかったわぁ。
私も聞かなかったけど。

これがないと助成金の申請もできないし。

いやいや、ちゃんと領収書はとっておかなければいけませんなぁ。
いろいろな支払った証拠も。


不妊治療してると領収書だの明細書だの、なんやかんやといろいろ書類が
たまってきて、
大事なものなんだかなんなんだかわかんなくなります。
それに、
体調だってくずしてたり、精神的に不安定なのに、
お金のことまで、考えてられません。
でも、
必ずそういった書類はとにかく全部保管しておくことです。
ついうっかり捨てたりしないように。まるごととにかくとっておいて、
落ち着いたら整理しましょう。

申請などに使うときも、怖いので全部コピーしました。
もしも、ということがあると心配じゃない?
印刷しちゃうとわけわかんなくなっちゃうから、スキャンして保存です。

いやいや、何かとめんどくセーですよ、ほんと。
でも自分で申請しないかぎり支給してもらえないので…。。。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療にかかった金額 [不妊治療の費用]

今回の不妊治療にかかった費用をざっくりとまとめてみます。
一応1円単位で計算したけど、まあ、ざっくりと。

不妊治療のスケジュールとしては、こんな感じ。

1.採卵に向けてのホルモン注射
2.採卵&胚移植
3.その後の体調管理

ざっくりすぎですけど、まあこんな感じです。

1.約5万円
2.約45万円
3.約3万円

で、合計、53万円ほどでした。

このうちの1と2については助成金などの対象になります。


私の場合は埼玉県に住んでいるので、県から15万円、市から10万円出る予定です。


このほかに、証明書を発行してもらったり、紹介状を書いてもらったりなどで
1万円位かかっています。
治療に入る前の診察もありますので、
あと2〜3万円はかかったと思います。

私はホルモン注射を地元と不妊クリニックの両方で受けたのですが、
申請用に書いてもらった治療証明書にはもちろん地元の注射代は含まれていません。

ただ、病院の手違いなのか良心なのか、
なぜか地元の病院ではホルモン治療を保険適応にしてくれたので、
実際支払ったのは1万円位。
なので、4万円位得した感じです。


交通費とか諸々入れて、55万円位だったかな、という計算です。


やっぱりすごい金額です…。


凍結した受精卵の保管料がこれから年間6万円ほどかかります。
凍結胚を使った移植の場合は一回7〜8万円だそうです。




不妊治療に踏み切る勇気が出たとしても、経済的に無理ならできない。
この辺り、国の制度でどうにかならないのかしらと思ってしまいます。
少子化とか言うなら、産みたい人を応援してくれたっていいじゃないか。

年齢制限を設けるなどと言い始めてるようですが、
お金がないからその歳になっちゃうんだってこと、わかんねーのかしら。
若けりゃ妊娠するってもんでもないし。

とはいえ、
おそらく10年前とか20年前に比べたらいろいろ進歩していて
楽に受けられるようにはなったのだと思います。
社会的な理解はまだまだ低いですが、
治療を受けたものの1人としてはぜひぜひトライしてもらいたいと思っています。

気軽に受けられる治療じゃないし、
もちろん、
気軽に受けるような治療じゃないんだけど、
でも、
チャンスがあるならトライして欲しいです。

成果が出るかわからないから怖いけど、
やってもダメかもしれないけど、

やらなければダメかどうかもわからないし、
もちろん精神的にかなり傷つくし、体もつらいけど、
できることがあるうちは試してみてもいいんじゃないかなと思います。

大金つぎ込んで無駄なことしてる、とか、
産める人が産めばいいんじゃないか、とか、
普通は一円もかけないでも妊娠するのに、とか、

とにかく葛藤は続くし、答えは出ませんが、、、
トライ出来る環境があるなら、がんばってみて欲しいです。


というわけで、
かなりざっくりでしたが、費用のまとめでした。
くぅう、また貯金しなきゃなぁ。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
不妊治療の費用 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。