So-net無料ブログ作成

高温期の血液検査 [第1期人工授精]

人工授精から10日。
もちろん何にも変化なし。
 
今日は高温期の血液検査。
これで何がわかるんだかわかんないですが、とりあえずやってきました。
 
プロゲステロンの検査、っぽいことが明細に書いてあったので調べてみました。

*********************************************************************************************************************************
エストロゲン(卵胞ホルモン)もプロゲステロン(黄体ホルモン)も女性ホルモンの一種です。
エストロゲンは、女性の第二次性徴の発現、生殖機能維持や卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖などの性周期の前半を維持する役割を果たしています。
一方、プロゲステロンは、卵胞発育の抑制などの性周期後半の維持、子宮内膜の肥厚、妊娠持続作用などの役割を果たしています。

血液中のエストロゲン、プロゲステロンの量を調べることによって、卵巣や卵黄、そして胎盤の働きがわかります。副腎や下垂体の異常で変化がみられることがあります。
*********************************************************************************************************************************
 
高温期にこういう検査をしておくと、いろいろとよくわかる、ということなんですね。 
 

次回の生理が来ないで、妊娠しているといいな。
 
先生からは、
今日は次回の予約はしないで、10日待って生理が来てなかったら、23日ごろに
予約を取ってください。
生理がそれまでに来たら、とりあえず電話してください。
 
と言われました。
 
そっか、そういえば前に通っていたときもそういうようなこと毎月言われてた
気がするなぁ。
 
 
これから2、3日ドキドキする〜。
 

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。