So-net無料ブログ作成

第2期1回目診察 [第2期人工授精]

生理から12日目、診察日。
前回のときは17日目に排卵だったから、まだまだだろうなぁ、と思ったけど
先生から指定されたので病院へ。

土曜日だったからなのか、処置に時間がかかる人がいたからなのか、
とにかく全然呼ばれない。
というか、すすまない。
予約時間から1時間半待って、ようやく受診。

午後3時半の予約、なのに1時間半待ち。
待っている間に気分がどんどん落ちてしまった。

卵の大きさを測って、
今日は1.4ミリで、まだ小さいのでまだでしょう。
次は5/2に来てください。
と言われ終了。

やることわかってたけど、待ってる時間が長過ぎて
なんだか気が抜けてしまいます。



ところで、、、
内診後ちょっと待っている間に、
机の上にあったドラえもんのおもちゃで遊んでたら
先生が戻ってきて笑われた。

子連れの人向けに置いてあるおもちゃなんだけど、
それで遊んでた私を見て先生が、

「妊娠しようよ〜、にんしん!」と笑いながら言った。

私も笑いながらはいと答えたけど、実は傷ついちゃった。

妊娠したいから来てるんだよ…。。。と。
妊娠しようと思って受診してるのに。。。
妊娠したくてもできないから通ってるのに…。


そんなもんで自分で遊ばないでさっさと妊娠して子供産んで子供に遊ばせなよ、
って言われてる気がしちゃった。

もちろんそんなつもりはないんだろうけど、深い意味なんかなくて
場を和ませるテキな一言だったんだろうけど。



次回の5/2のときはどうなるんだろ、人工授精できるかなぁ。
ゴールデンウィークだけど。
前の時みたく明日の朝採ってもって来て、って感じかなぁ。


そういえば、生理が来て電話したら次回の診察日を先生から指示されたんだけど、
その分も診療扱いになるみたい。
前回未収金として230円。ふうん。

 
今日は待ち時間が長くてずーっと診察状況のモニターを見続けてた。
40分くらい何にもすすまないときがあった。
それでそのあとにでてきた夫婦、
女の人はなんだか泣いてるような感じだった。

ソファーが混んでいて二人並んで座れなくて、
前と後ろに分かれて座ることに。
後ろに座った奥さんをずいぶん心配そうに気遣っている旦那さん。
奥さんも目を腫らして息も切れ切れな感じなんだけど、
ロビーでは泣けないわ、みたいな感じで必死でこらえている風。
1分くらいはそれぞれ座ってたんだけどそのうち旦那さんが
この状況に耐えきれなくなったらしく、
タバコすってくるね、だいじょうぶ?と肩にそっと触れて出て行った。
 
どうしたんだろ、流産とか、そういうのかなぁ。

妊婦さんぽくなかったから、妊娠したけど心拍聞こえないとか、
だけど旦那さんも一緒に来てたから、二人の検査結果を聞きにきた、とか?

どういうことなのかはもちろんわかんないんだけど…、
こういう場面に出くわすと、気の毒だと思う。
だけどちょっと興味がわいちゃう。
どうしたんだろう、と思うのは興味本位の好奇心の現れで、
心配しているからじゃない。

私ってひどい人間だなと思う。
こういう場面で心底心配するような人もいるんだろうけど、
私は全然無理。
私よりも大変な人を見ると、妙に安心しちゃう。
私よりあの人の方がつらいだろうな、私の方がましだなって。

自分だったらどうしよう、とも思う。
待望の妊娠して、だけど心拍聞こえなくて後日流産させましょう、なんてことに
なったら、立ち直れないんじゃないかな。
立ち直れないとは言ってもいつか立ち直る日は来るだろうけど、
そういう気持ちは何で埋め合わせたらいいのだろう。


いかんいかん、起こってないことで不安になって落ち込むなんてもったいない。


とりあえず次のことだけ考えよう。
次のことが終わるまでは、先のことは置いておこう。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0