So-net無料ブログ作成

第2期人工授精 [第2期人工授精]

5/3人工授精2回目、してきました。
ゴールデンウィークにかかったけどしてくれました、よかった。
 
前日5/2の診察で、20ミリで、明日がちょうどいいけど明日の予定は?と聞かれて、
もちろん全部あけてあるので元気よく
「暇です!」と答えたら、先生笑ってました…。

朝9時に注射にいって、
夕方6時にもう一度病院へ。
 
休みなので誰もいないかと思ったら、内装工事が始まっていて
かなりにぎやかな感じでした。
 
ロビーに行くと、若いカップルが座ってた。

受付には誰もいないし、声かけても誰もいなそうだったから、
インターフォンで「注射にきました」と伝えた。
 
こういうときに何ていうかって、いつも考えちゃう。
「人工授精で注射をしにきました、○○です」
というか、
「○○です、9時に注射をしにくるようにと言われて…」
とか、
「すみません、○○なんですけど注射を………」
といおうか、、、とか。


どーでもいいけどさ、、
向こうは何を一番最初に聞けば用件がわかるんだろうとかって
とっても気になっちゃうんだよねぇ。

今回は迷って、
「すみません、注射に来たんですけど…。。。○○といいます」
と言ってみた。

周りにおじさんがいっぱいいるし、工事の足場なんかの音で
うるさいし、ちょっと恥ずかしいし…。

「………、あぁ、、、えっと、、、どぉしよっかな、あ、ロビーでお待ちください〜」
と言われた。


すぐに看護士さんが来てくれたんだけど、
どうやら周りがうるさくてほとんど聞こえなかったらしい。なんだぁ。。。


とりあえずすぐに注射のため診察室に入る。

肩おしりどっちにする?と聞かれたので
すかさずおしりを選択。

すると、
じゃあここに寝ちゃってね〜、と言われた。

あら?
こないだは横のところにしてもらったんですけど〜、と言ったら、
そうだね、それじゃあ座っておしりを突き出してね〜、と言われた。

ハンケツくらい出してこないだはここら辺にしてもらったんです、と言ったら、
ああはいはい、跡が残ってるわ、と。

その跡は違うんです…おできなんです…注射の跡は残ってないんだけどなぁ。。
と思いつつ、まあいっかと待ってたら、

ほんとはもっとこっち側なのよ、と看護士さん。
そして、

あれ、あなた、おしりが冷たいわ。
冷えてるわ、雨いっぱい降ってるの?
妊婦さんはダメよ冷えちゃ。………、妊婦さんとか、これから妊娠しようって人は
お腹周り腰回りおしりが冷えてちゃダメ、
おトイレに行ったときにおしりがヒヤッとするようだったら
冷えてるから。
手も冷たいわ。
あなたは顔は温かい人なのね、だけど手もおしりも冷えてるから、
パンツだけじゃなくて何でもいいからスパッツでも何でも、もう一枚はいた方がいいわよ。

と、いいご指導をいただいた。

そういえば、このごろ暖かくなってきて靴下の4枚履きもやめてたし、腹巻きも
やめてたから、冷えちゃってたかも。
それでも、自分では冷えてる自覚なかったなぁ。

そして、話を聞きながら、ささっと注射が終わった。
今回はちょっと痛かったなぁ。チクッとした針のあとに、液が入ってくるビリビリって感じが
ちょっとありました。


家に帰って、早速湯たんぽであたため。

一日中テレビを見て過ごして終わってしまった。


5時半、旦那に採取してもらい、
6時に病院へ。

今度もインターフォンで呼んだんだけど、今回こそなんて言ったらいいのかわからない…。
結局、
「人工授精をしにきました、○○です」とはっきり言ってしまった。

こういうの、暗号かなにか作ってほしいなぁ。
言いにくいし、かといって違う言い方思いつかないし。

注射ならまだ言えるけど、聞かれてもいいけど、
「人工授精」ってちょっと…。
入院のお見舞いの人とか結構行き来してるし、聞かれたくないよ。

ロビーで待ってたらすぐ人が来てくれて、物を預けて、
5分くらいしたら、洗浄前の物を顕微鏡で見せてくれた。

ここから1時間待って、いよいよ2回目の人工授精だ。

休みだからかな、1時間15分くらい待って呼ばれた。

入って行ったら、先生しかいなくて、
まず顕微鏡で見て、
じゃあしましょうね、と言われ、診察台に乗る。
前回同様、さっさと事が進んで、
「では入れますね〜」との声。
前回は内診の時っぽい鈍痛がほんのりあってあっという間に終わっちゃったんだ
よな、と思い出しながら備えてたら、
ちくちくっとした小さいけどちょっと鋭い感じの痛み。
細いものがスゥッと入って行くような感覚を感じた。
「あら、ちょっと痛いわ」、と思っていたら終わった。

生理用ナプキンを陰部にぐいぐい押し当ててくれて、足を高くする体勢に変更、
そのまま30分待機。
「30分したら看護士が来ます」
と先生は言って、行ってしまった。

前回初めてのときに、看護士さんがパンツをはかせてくれたんだけど、
今回もそうだろうなと思ったから一応パンツを持って診察台に座ってたの。
だけど先生しかいなさそうだし、先生にパンツをはかせてもらうのも
恥ずかしいなぁと思ってたら、さっさと行っちゃった。
今回はノーパンで待機。
はかせてもらうこと前提でおニューパンツをはいてきたんだけど。

そして、

通常通り、待つこと30分。
その間近くに誰かいる気配なし。
誰かが通る気配もなし。しーんとしてる。
先生にもらったお菓子をぼりぼり食べながら待つ。

それにしてもこの仰向けの体勢でお菓子なんか食べて
むせたら、足あげて寝てる意味ないよなぁなんて思った。
一度むせかけたけど、必死でこらえた。

そろそろ時間かなぁと思ってたらタイマーが鳴った。

すぐ誰か来るかと思ったら、タイマーはなりっぱなし。
チチッ、チチッ、って言う音から、
チチチ、チチチ、
チリチリチリ、チリチリチリ、
チチチチチチチチチチチチチチチチチチ、

に変わっても誰も来ない。
とうとう鳴り終わってしまった。


休みだし、私のことは慌てなくていいことだから、
きっとそのうち来るだろう、と待つことにした。
だけど、
5分待ち、10分待つ頃には、不安になった。

こんな体勢のまま、ずーっと待ってていいんだろうか。
「呼んでくれれば良かったのに」と言われないだろうか。

だけど誰もいない感じのところなのに大きな声で呼ぶ勇気がない。

どぉしよ。忘れられてるんじゃない?、私。


自力で降りてみようかな、と少し動いてみたけど、
かなり高い位置に上がっていてちょっと難しそう。
足だってこの位置から動かして大丈夫なんだかどうだか。

斜めになってもぞもぞしてるといすが倒れたりするかも。

そしたら結構痛いだろうなぁ。
それに恥ずかしいなぁ。

だけどモゾモゾ動いてもいすはびくとも動かない。
試しに思いっきり左に体重をかけてみたけどそれでも平気。

じゃあ、思い切って自力で降りてみよう。

足をまず動かして、足置きから外して、
腰を動かして、滑るようにおしりの下にタオルケットを敷いて、
ナントカ座って、
飛び降りたら降りれた。

はぁ、よかったぁ。

服を来て、看護士さんを呼びに行こうとしたら、ちょうど看護士さんが来てくれた。


看護士さんは一瞬不思議そうに、あれ、どうしたの?って顔したので、
「すみません、時間が結構経ったっぽいんで自分で降りちゃいました」と言うと、

え、降りれたんですか?大丈夫でしたか?と。


はい、降りれたのでここにいるんです…、、、。
診察台、あがったままでしょ。


なんだかちょっと面白い結末の2回目人工授精でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0