So-net無料ブログ作成

急に不安になる… [第4期人工授精]

昨夜、NHKで不妊治療の番組をやっていました。
卵子が老化して不妊になっている、という内容の番組でした。

はい、存じております。


それにしてもね、
不妊治療に通う人が35歳以上だ、ということが驚きだ、

ということを言ってたけど、
それは驚くことなのかなぁ?

それまでに出来ないので、病院に来たんでしょ?

今さら遅いとは思いつつも、それでも何かアクションを起こそうと
勇気を出して病院に行っているわけで、

それを、
今さら遅い、という風に切られちゃうと、傷つくよなぁ。。


今まだ若い人たちに向けた番組っぽかったのですが、
「今、まだ若いうちに生んどけ、、こうなっちゃうよ!」
っていう感じだったのが気に障った。


子供がいたらできないこともある。
子供がいないとできないこともある。


どっちかしか選べないとしたら、自分の人生を選ぶ、という人が多いから、
今みたいなことが起こっているんだろうし、
自分の人生を選ぶとしても若いときのような情熱がだんだん色あせてきて
そうか家族を作ろう、みたいな気持ちになってきて、
それから子づくりなどし始めたりすると、あれ?できない、というような
ことが出てくるんだろうと思う。

私は30歳のとき初めて婦人科に通ったんだけど、
そのうち出来るだろうと思ってたし、
だけどもう30歳だからマズいなぁ、とも思っていて、

だって、30で生んでも子供が20歳のときに50歳でしょ、

私の母は21で私を生んだので、20の時41。
まあ比べるのもおかしいけど、そっかぁ50かぁ、なんて
思ったりしてた。

今も生めてないので、今日妊娠しても、子供が20になる頃には私は58歳ですが。


58歳なんて、つい2年前だもんね、母の年齢。



で、
30歳のときに不妊治療を、といってもタイミングだけど始めて、
6回で一度休んだわけ。。

理由は夫婦の間がぎくしゃくしちゃったから。

夫が立たなくなっちゃったし、私も義務みたいな感じになっちゃって、
子供が欲しいのかどうなのかもわかんなくなってきて、
ただ流れで、次は子供だ、それを達成しなくちゃならないのだ!という感じで、
雰囲気が非常に悪くなってしまったのです。

エッチの話もしずらいし、子供を連れてる人を見ると劣等感に苛まれ、
とにかく何もかもがイヤになってきて、いっそのこと子供が出来ない方が幸せなのでは
と思い込もうとしたり。
 
結局7年も不妊治療から遠ざかることになってしまいました。

最初の2年くらいは、自然にできるかな、とも思ってた。

そのあとは1年くらいは真剣に体温を測って狙ってましたが、
夫がその気にならないときも多く、私ばかりがタイミングを計っていることが
重荷でした。

私ばっかり妊娠のことを考えていて、私しか真剣じゃなくて、
なのに、妊娠しないことの責任はすべて私だけにある、みたいな感じがとてもイヤだった。

子供はまだいいと私が思っているからうちには子供がいないんだ、という風に
旦那の親からはみられている気がした。

幸い、旦那の両親はそういうことを口に出したりしない方だったのでよかった。
というか、一度他の人もいるときにそういう話題になったときに、
私があからさまにイヤな顔をしたのでいわなくなったんだけど。


だけど、子供は若いうちに生むのが当たり前だ、とか、兄弟がいないとかわいそうだ、とか
ちくちく刺すようなことは言ってきたけど。



とにかく、つい数ヶ月前まで、夫はあまり積極的でなく、私だけが焦っているような
状況でした。

37歳なのに!


今年の2月頃に父に病気が見つかり、余命も短く、私は焦って仕事を辞めたんですが、
かといって毎日看病するわけでもなく、かなり時間が出来ました。


今まで時間が取れないということを理由に婦人科通いを避けてきたので、
時間が取れるということは通えるということだなぁ、もう一度病院にかかっても
いいかもな、何もせずにできないよりも、一応通って、それからあきらめてもいいかもしれない、
という考えに変わりました。

もしかしたら父に孫の顔を見せてあげられるかもしれない、とも。
それにそのおかげで生きる希望がでるかもしれない、と。


とはいっても、私は多分妊娠できないのだろう、という気持ちの方が強くて、
あきらめるために通う、と言うニュアンスが強いんです。
じわじわ悩んで悩み続けるより、もうはっきりさせてしまいたい、という気持ちが強い。


それを夫に伝えると、
「子供は絶対に欲しい」などと言い出しました。


今までは「子供がいなくたって、俺たちは幸せだよ」と言ってたのですが、
親戚の赤ちゃんをみたからなのか、急に、「絶対欲しい」と。


絶対欲しいって何なのさ、あなたはそういう気持ちを持っている態度ではない、
と言ってしまいました。

絶対に欲しいなら積極的に活動してよ、
この日だって言う日にセックスしないと子供は出来ないんだよ。


絶対に欲しい、と言われてしまい、また重荷になってしまいました。
達成できる可能性が低いことを期待されるってのは非常につらいです。

それでまた1ヶ月悩んでしまいました。

また夫婦間がぎくしゃくしちゃうんだろうか…。



私が一番我慢ならないのは、
この不妊治療ということに対して、私だってほとんど知らないし未知の世界なのに、
旦那が私にいちいち質問してくることです。

1ヶ月に何日くらい通うんだろうか、とか、いくらくらいかかるんだろうか、とか、
痛いのかなとか、成功率はどのくらいだろうか、ということ。
私だって知りません。

調べることも精神的に負担でした。
知ってしまうのも怖い、という感覚。


不妊治療を再開するにあたってそういうことはネットで調べてみました。
大抵のことはわかりますが、それを旦那にすべて自分でやってもらいたいのです。


教えることは出来るけど、教える方だって負担だし、質問の答えに対して質問されたときには
ほんとにイライラしてしまいました。
私だって知らないよ!って。


今回はそれも伝えました。
自分で調べてほしいし、自分で行動を起こしてほしいし、治療に必要なことを
頼む場合はすんなり受け入れてほしい、と。


それと、絶対欲しいと言われても多分無理だよ、って。


そしたら、「ダメ元で通ってみようよ」と。


そうだね、ダメ元でね、一応やってみるってことで。



といって始めて、3回ダメ。


3回目は期待したけど、、、ダメでした。



もうすぐ4回目をやるけど、
どうだろ、またダメかな。



気功の先生は私に心ない言葉をかけました、
4回やってダメなら10回やっても20回やってもダメ。


そんなこと言うなよ…。


40歳であらゆることを試してきて出来なくて不妊治療のために全国回ってる、って言う人が
私の気功で妊娠したんだよ!
とか。


私の気功で妊娠した、かどうかわかんないじゃんか!



私はせめて6回は試そうと思っています。

タイミング療法で確率が六分の一、人工授精はもうちょっと低くて十分の一。
6回やって出来なければきっと先生から次のことを提案されると思う。


体外授精は大変そうなんだよなぁ。
勇気がないなぁ。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0