So-net無料ブログ作成

娘の不妊治療 [気持ち]

昨日、久しぶりに友達とランチに行きました。
ランチ自体はガッカリな味で残念でしたが、お話に花が咲き、楽しい時間でした。

そのお友達は私の母くらいの年齢の方で、
縁あっておつきあいさせていただいているんですが、
今回の私の妊娠のこと、とっても喜んでくれました。

結婚してすぐに知り合ったので、13年、ずっと見てくれてました。

その私が妊娠したとあって、ちょっと興味をひいたようです。

不妊治療、してたのかなぁって。


まあ、私の妊娠を知った人100%がそのことが一番興味あるみたいですが。




その方の娘さんも結婚10周年を迎えるそうで、
母親としては悩んでいることがあったようで、打ち明けてくれました。

その方も子供はまだ授からず、36歳。
仕事はバリバリがんばっています。
母親としては、お金なんていくらだって出すから良いところに通ってぜひ赤ちゃんを!
と思っているそう。
仕事も辞めてのんびりしたら授かるんじゃないかな、とかも言ってました。
ただ、そのことを言い出してよいのだろうか、と悩んでおられました。



今回のランチには私の母も一緒に行ったのですが、
私の母に、不妊治療のこととか話したことありますか?とか
相談されてましたか?と聞いていました。

私は両親には治療のことは話していませんでした。というか、話せないよねえ…。
体外受精を始めるときにどうしても話さないとならない状況になったので
仕方なく話しただけでした。
できれば、妊娠が確定するまでいわないでいたかったです。

通院を始める前も始めてからも、不妊関連の話は非常に不愉快な気持ちになったし、
人の妊娠報告を聞くたびイライラして、毒はいてましたから、
母としてはどう反応してよいのかもわからず、
ましてや私に不妊治療をすすめることなんて到底できず、だったそう。
本人は悩んでいるのだろうから、と。

その辺の気遣いは私も感じ取ってはいましたが、
だってどうのこうのいわれたって、所詮、結婚妊娠出産の流れはすんなり進んできた人ですから、
不妊の人の気持ちなんてわかりっこない!って頭から否定していましたし。

私が毒をはいている時は、母は私に同調するようにしていてくれました、
それはかなりありがたかったです。


その方は以前に一度だけ、お金なら援助するから評判のところに通ったら?と提案したことが
あるそうで、そのときには娘さんは、実は通院している、ということを
打ち明けてくれて、ただ、ほっといてくれと言われてしまった、そうです。
特にこれといった不調はないそう。

不妊治療のことって、
家族に相談してどうにかなるもんでもないし、
家族に心配されながら治療を続けるだなんてつらすぎるし、
不妊治療にトライしても必ず良い結果が得られるわけでもないし…。


もどかしいとは思うけど、見守ってあげるしかないかもですね、ということで
話は終わりました。。。


同じように悩んだこともない人に、報告したり相談しなきゃならないなんて、
とんでもないストレスだと思うんです。
母親なら絶対心配してくれてるし、できればよい報告がしたい、
だけどできないの…、
というところが不妊治療の何よりつらいポイントなんだし。


母親のきもち、聞くことができてよかったと思います。
母自身の声ではないけれど、母が言ったも同然の内容で、
切なくもあり、暑苦しくもあり、うれしい言葉ばかりでした。

たぶん、ご自身が娘さんを出産して子育てした経験がとても幸せなもの
だったから、愛する娘にも私と同じような幸せを経験させてあげたい、
という気持ちなんだろうなぁと思いました。

出産子育ては人生の最大の幸せ、みたいなことを
出産して子育てした人たちは必ず言うんだけど、

たぶんそれはきっと、最大の幸せ、なんだけど、

自分にできたことだから他の人にもできると思うんだろうけど、

それが傷つくんだよってことを知って欲しいです。


もしもこれが、「宇宙旅行」だったり、「ハリウッドスター」だったり、
「ノーベル賞学者」とか「人間国宝」とかみたく、
超特殊で少数派だったら、
それがたとえ「人生最大の幸せ」だったとしても、気軽に勧めたり憧れたりしない。
自分には到底望めない選択肢として、受け入れてあきらめるはず。
どんなになりたくても。
他の人生があるよ、って、思おうとするはず。

妊娠した人が普通なんじゃなくて、
奇跡とは言わないまでも、特別なことなんだって思って欲しいです。
自慢げにされたら、、、やっぱりイヤなんです。


不妊治療に関してはやっぱり、つらいって感情が残っちゃうなぁ。
やってよかったと思っているけどそれは、
妊娠したからだろうなぁと思うし。

でも私は治療を始めるときに、
「やらなきゃ良かったと思ってもいいからやろう」
と決意して始めました。

もし迷っている人は、
そう思えなければしない方が良いと思います。


妊活のこと考えると、止めどなく感情があふれて暴走しちゃって、
まとまらなくなっちゃう…、すみません。
気軽に話せる話題じゃないけども、もう少し理解が深まる社会に
なってくれるといいなって思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0