So-net無料ブログ作成

採卵の時の麻酔について [体外受精]

このごろ私のブログを参考にしてくださる方が多くなり、
とてもうれしいです。

ほとんど愚痴、不満ばかりで申し訳ないですが、
知識の浅い一般人なのでお許しくださいませませ。

ところで、
採卵の時の麻酔について、私はただ、「痛い」とだけしか書けてなくて、
皆さんを不安がらせてしまっているんですが、
そのあとに違う意見も聞いたので、書いておきたいと思います。


私と同じ日に採卵した方で、移植も同じ日にして、妊娠された方が3人いるんですけど、
そのうちの1人の人に麻酔について聞いたところ、

「麻酔をしてからは全く痛くなかった」

という感想でした。

私はたまたまかかりが浅かったか、体質だったか、のようです。


こんなこと書いても、結局は何にも救いにはなりませんが。。。

自分が麻酔がばっちりかかる体質かどうかなんて、調べようがないですし。



ばっちりかかり過ぎてもあとが大変なようなので、難しいですね。







体外受精を始めることに決めて、いざスタートすると、
あっけなくスケジュールが進んでいって不思議な感じでした。


スタートするまでは、
私の中ではいろんな不安があって、あーでもないこーでもないと
悩んでいることも、
医療者側からすればどうでもいいことで、
いざ始まってしまえばそこら辺のケアは全くノータッチで。

でも一応「相談室」とかあったり「些細なことでも話してください」
なんてフレンドリーなことがパンフレットに書かれたりするんだけども、
何をどう相談すればいいのかすらわからない状態で、結局相談なんてできず。


たとえ話が適切かどうかわかんないんだけど、

長い髪を切るかどうか迷っている状態で美容室に行き、
鏡の前で美容師に切っていいかどうか相談するような、
そういう感じ?
「決めてから来いよ」テキな?

切り方や切った後のお手入れ方法なんかは、切ってからでもいいでしょ、
切ってみてからもとに戻すことはできないけど、切るって決めたならやっちゃえば?
みたいな。
切るのが怖いならちょっと揃える程度にしとく?
みたいなね。

だけど、
体外受精をするかどうかを考えるにあたって必要なのは、
専門家の情報だし、意見だし。
ネットや本の情報では不十分な気がする…。
結局のところ、「詳しくは医師にご相談ください」ってなっちゃう。
けど、詳しく説明してくれる医師なんて、どこにもいません!

そこら辺のケアをもっとできるような仕組みになって欲しいなって
おもいます。

経験してしまえば、なんだそんなことだったのか、ですむけどね。

初めてのことってとにかくなんだって不安なんだから。


気持ちを整えてチャレンジすることに決めるまでがとっても時間がかかる。
勇気がいる。
トライして妊娠しなかったらどんな気持ちになるんだろうと想像すると怖くて
たまらないし、あきらめられるかどうかも自信がない。
その費用を別のことに充てた方が建設的なんじゃないか…なんてことも考えちゃう。
そうまでして授かる必要ある?とか。
子育てにつまづいちゃったらどうしようとか。
まあ、考えられる不安については限りなくあるし、答えはないし。

授かる人授からない人で何が違うわけ?って思っちゃう。
何か劣ってるから?なんて思い詰めちゃう。

つらい思いを抱えて、本当につらかったです。

だけど、そういう同じ思いを持っている人が割と多いということを
ブログを通じて知ることができて、勇気をもらいました。
みんないろんな方法でやり過ごしているってことがわかって安心しました。



何かとりとめのない話になっちゃってオチもないですが、
今日はこの辺で。
こういう気持ちをおさめる場って、なかなかないですね。

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 8

もも

クロッシュさん、コメントのお返事ありがとうございました。
美容院での例え、すごくよくわかりました!気が楽になりますね。
先々のことを考えすぎずに、ど〜んと構えてみようと思います。
by もも (2013-12-08 21:42) 

もーこ

またまたお邪魔します!だいぶ寒くなってきましたが、体調はいかがですか?


クロッシュさんの言葉一つ一つ、いつもとても共感しながら読ませて頂いてます。そして、コメントを書かれている皆さんの言葉にも共感するばかりで…。一人じゃないと思えることで、私もとても勇気を頂いています。
先日夫婦で、有名な子授けのお寺に御祈祷を受けに行ってきました(笑)そしたら、私達以外にも御祈祷を受けているご夫婦がたくさんいらっしゃいました。
見ず知らずの方々ですが、思わず自然と、その場に居合わせた全員の願いが叶うように手を合わせてしまいました。

いずれ近いうちに進むであろう体外授精には、まだ恐怖心が強いですが。同じように乗り越えてきた方達、乗り越えようとしている方達が大勢いらっしゃることを励みに頑張ろうと思います。また長々とすみません~。
by もーこ (2013-12-08 22:07) 

うさこ

初めてコメントします。
結婚13年、不妊治療という共通点からブログにお邪魔しました。
私も体外受精で、今妊娠5ヶ月に入ったところです。
私は多嚢胞性卵巣症候群なので、左右両方合わせると毎回40個程になり、術後はOHSSで2日間自宅で寝たきりでした。
たくさん採れればいい訳ではなく、質が良くないので、凍結できるのは2~3個でした。
採卵中、一度だけ目が覚めましたが、痛さで気を失いました。
私にとっては採卵は辛い経験です。
でも乗り越えたので、奇跡的に妊娠できたんだと思います。
by うさこ (2013-12-09 02:15) 

グリコ

こんにちは。
実は私も海外で体外受精をし、クロシュさんと同じく
一回で双子を妊娠したんです。

人工に進むまでもすごく悩みましたし、体外は本当に
心の葛藤でした。
最後の治療方法が駄目だったら本当にどうしようって
ずっと考えてました。

でも体外を始めて一回目の先生が、(主治医はこの時は
不在でしたので別の先生に診てもらいました)
「すごく状態がいいよ!一回で成功させようね!
悩みがあれば何でも聞いてね!」
とこっちがびっくりするくらい励ましてくださって。
すごく気持ちが楽になったのを覚えています。

約10ヶ月の妊娠期間も勿論大変ですが、私は正直
不妊の2年半の方が精神的にはもっと辛かったです。
by グリコ (2013-12-09 12:40) 

クロッシュcloche

ももさん
少しでもマイナスイメージが消えてくれたらうれしいです。
未経験のことはどうしたって慎重になるし、
慎重にならなくてはいけないと思うし、
体外受精は事前に調べて納得して受けるべき治療だと思います。
ただ、そのことでせっかくのチャンスを逃して欲しくないなってそれだけはホントに思うことなので。
みんなやってることだから大丈夫、というアドバイスはかなり乱暴な言い回しですが、
その位の気持ちで考えてみてくださいね。

by クロッシュcloche (2013-12-09 14:47) 

クロッシュcloche

もーこさん
コメントありがとう。
ご祈祷受けられたんですね、ご利益がありますように…。
悩みを持つとつらいけど、
つらい気持ちがわかる分、優しい気持ちを持つことができるようになります。その優しさが実を結ぶ日がきっと来る、
そう思ってがんばろうね。
神頼みも占いも食事療法とか冷えとりとか、
とにかく何でもやって、
妊活を逆に楽しんでください!

by クロッシュcloche (2013-12-09 15:04) 

クロッシュcloche

うさこさん
コメントありがとうございました。
妊娠おめでとうございます!5ヶ月だとそろそろつわりが
おさまってきましたか?

採卵つらかったんですね、痛さで気を失うなんて…。。。
私の場合、すんなり事が進んでしまったのでついつい
大変じゃなかったくらいの記憶になりつつありますが、
やはり相当体には負担のある治療なのですね…。

結婚13年、同じですか!
2000年ミレニアム婚とかって騒がれた時代のことが
今では何かずいぶん昔のことのようですが、
私にとってはついこないだのことなんですよね…、
おばちゃん根性丸だしか…。

妊娠生活楽しんでくださいねー。


by クロッシュcloche (2013-12-09 15:14) 

クロッシュcloche

グリコさん
コメントありがとう。
体調はいかがですか?双子って重たいですよね…。。。

海外で治療を受けられたんですね、
それもすごく素敵な先生!
悩んでテンション低めで受診する患者にとって
そういう先生は本当に救いです!

治療中は何かと不安がつきまとうから、精神的につらい日々です。私も妊娠した今でさえ、思い出すと涙がこぼれてしまうし、時には攻撃的な言葉があふれてしまいます。
経験した人にしかわからない、
と言ってしまうと閉鎖的かもしれないけれど、
不安やとまどいを共有しあえるのはやっぱり同じ経験をした者同士ですね。
何度も愚痴って吐き出さないと、心から癒される日が来ないんじゃないかと思います…。


by クロッシュcloche (2013-12-09 15:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。