So-net無料ブログ作成

点鼻薬終わり。 [採卵1回目]

今日の3時で点鼻薬が終わりました。
一度も忘れることなくできてほっとしています。
実は一日目に一度1時間くらい遅れちゃったことがあったけど、
それ以外はきちんと出来ました。夫に助けてもらった場面もあって、逆にそれはいい効果だなと思ったりしました。

今日は採卵のオリエンテーションに出かけました。
採卵時の流れや、採卵後に使う薬の説明などを受けました。

採卵前日に飲む下剤。
採卵の翌日から飲む抗生物質。
採卵の翌日から貼るホルモン剤、膣に入れる薬。

膣に入れる薬???????
これは初で未体験ですので、使ってみたらまたレポートします。
人差し指が全部入る位まで奥に押し込む、そうです………。じぇじぇ。


今日はこれから夜9時半の注射に出かけます。
そこでHCGを打ってもらい、
採卵前の準備は終了です。

卵胞が15個くらいあるので、もしかしたら入院になるかも、と言われているので、
一応入院の準備もします。

パジャマも買ってみた。
パシオス行ったらつぶれてて、しまむら行ったら、「いくら何でもいいと言ってもこれを着なきゃならないのか」というような気に入らないものしかなかったので困り果て、とりあえずステテコ(おしゃれっぽいやつ)を買って上はTシャツにしようと決めてみたものの、
やっぱり前あきのパジャマの方が良いとの情報を得たので、
結局イオンに行ってそれなりのを買ってきました。

もしも入院になったとしても一泊だと思います、もしも長引いてしまったら肺移植の日までかも?
って位みたいなので、数からしてもおそらく大丈夫じゃないか、とのことですが、
一応準備してきてくださいということでした。

卵がいっぱい採れてもいい卵じゃなきゃいけないわけだし、
いっぱい採れてあとが大変な上に質が悪かったら困っちゃうんですが、
それもこれも自分の体のことなので誰にも文句言えません。

もしかしたらすでに未来の我が子の命の成長の第一歩が始まってるかもしれないので、不謹慎なことは言わないほうがいいんですけど、
でもまだ、なんかどこかで他人事っていうか、
これから行う行為が1人か2人の人間を作る第一歩なのかもしれない、という気持ちになれないです。

いつかテレビで見た不妊治療に悩む夫婦みたいに、
移植には至らなかった受精卵をいとおしいと思うかどうか、
何が何でも子供が産みたいと、思えるかどうか。

何が何でも産みたいか、と聞かれたら、違うし、
絶対子育てしたいか、と言えばそれも違う。

でも、妊娠するってことは産んで育てることで、、、
産んで育てるために妊娠をがんばっているわけで、、、

でも子供を妊娠している人だって、妊娠したきっかけからいろいろ考えたり覚悟するんだから、
私はまだ考えたり覚悟が決まっていなくたっていいのかもしれない。
だけど、だけど、だけど。

考えても考えても決めても、、、妊娠しないんだもん…。


うまく行くといいな、ともちろん思ってるんだけど、
うまく行くとも思っていない自分。
そんな風に弱腰だとうまくいくものもうまくいかなくなるよ、
なぁ〜んて言われそうだけど、
強い気持ちを持って本気で願っていたってできないときはできないし。

墓参りしたり神社に行ったり玄関掃除したりトイレ掃除したら
妊娠するよ、とか言われると完全に頭に血が上っちゃいますが、

不妊治療みたいな可能性の低いことにチャレンジするときは
心にいっぱい保険をかけて、弱腰でも、愚痴っぽくても勘弁してもらいたいなぁ。
だってこわいんだもん。

あぁ怖いです。怖いよぉ〜、、、、、なぁんて。

うそでーす。

人工授精とあんまり変わんないかも〜、って気がしてまーす。




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

採卵日決まりました [採卵1回目]

昨日の注射が8日目。卵胞チェックのため診察。

前回いろいろ不満がたまっていての診察だったので、
ちょっと冷めた気持ちで病院へ。
いつも通りの混み具合。2時間ほど待って診察。

中待合室に入ると、初めて見る先生の名札が。
え、また別の人???

イヤだなぁ、と思いながら内診へ。
そしたら、超いい先生!
一番やさしい!

今までかかった婦人科の先生の中で一番好き!

内診も全然痛くないし、ゆっくり話してくれるし、
時間もとってくれてる。
こういう人もいるんだなあ。ほっとするよ。

今回受診して改めて、「人」なんだなと実感。
相性ってこういうことを言うんだね。

例えばその人に全然落ち度がなくても「この人いやだな」って感じる人いる。
でもその人を好きだと言う人もいる。逆に好き、ぐらいな。
それはそれぞれ人次第だから、フィーリングっての?やっぱり相性なんだね。


内診の超音波の画像?を見ていたら、
卵胞がいっぱいあるのが見えた。

いちにーさん…、と先生が数えていて、
「右は10個くらいあるかな、左は少し小さめで5個くらいあるね。」
と。
見た目は、シャボン玉ぶくぶくやって大きな泡ができたときのあんな感じ。
ブドウの房、とも言えるけど。

10個以上ってなんかあるんじゃなかったっけ…?。


内診後診察室へ。

前回の採血の結果は異常なし。
HIV感染陰性。
そんな検査したっけ???ああ、したかも。


それで、

5月4日に採卵となりました。
卵胞が大きいのは2.4ミリ(?)位になっていて十分大きいし、
他のも大きくなっているので。
1日まで注射を打って、2日の3時まで点鼻薬をして、
2日の夜9時半にHCG注射をして、
4日に採卵します。7日が胚移植日だそうです。

卵が15個くらい採れそうな予定なので、入院になる可能性があります、
と言われました。
ナントカって言うやつだよね、
OHSS(卵巣過剰刺激症候群)という症状です。

どんな風になるのか心配ですが、もう仕方ありません。

それで、今日の午後は採血とオリエンテーションです。
説明を受けます。そこできっとまたOHSS(卵巣過剰刺激症候群)のことは説明が
あるんだろうなぁ。
毎日大勢っぽいから、何人もいるんだろうなあ。

入院になったら困るので、パジャマを買いにいこっと。
今着ている私のパジャマは穴空いてるしシミだらけで恥ずかしいので、
とりあえず買いに行きます。
しまむらでいいかな。
パシオスでもいいけど。先にパシオス行って気に入らなかったらしまむら行こう。
って、どっちでもいいよねヾ(^-^;) すみません。
修学旅行に行く中学生みたい…。


いよいよ採卵かぁ。どうせならいっぱい採れた方がいいな。


全然難しくないんだけど、これからの予定、今わかっている段階のこと。

5/2 15時 最後の点鼻薬
   21時30分 HCG注射(地元で)
5/3 夜7時までに夕食
   食後に下剤を服用
   夜9時以降飲食禁止
5/4 朝7時30分 病院へ
   午後15時頃帰宅(付き添い要)。

採卵の日は夫も一緒に行って、病院で採精、15時ごろに私を迎えに来る、という予定。
その時間まで何してるんだろ。どこかで待ち続けるのかなぁ?

採卵は全身麻酔なので、麻酔が覚めるまでは休憩です。


なるべく痛くなくて他人事みたいな感じで済んでしまうといいな。
聞く話によると、
麻酔前の消毒がひどくイヤな感じらしく、
麻酔も痛いらしく、
麻酔後はわからないということですが、
そのあとどんな風なのか怖いし…。

ま、やってみなきゃわかりませんよね〜。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産