So-net無料ブログ作成

おっぱいマッサージはNG [妊娠6ヶ月]

22週、6ヶ月です。

昨日の健診で、救急車のことが気になり、質問しました。

私は今かかっている大学病院まで車で1時間のところに住んでいるのですが、
例えば体調に何か急なことがあって、
夫もいなくて母もいなくて、自力では病院へ行けない時、
どうしたらいいんだろう、と不安でした。

タクシーで?

う〜ん、緊急だったら仕方ないけど、結構お金かかるだろうなぁ…。
それに、のってられるだろうか…。1時間…。

救急車…、あっちまで乗せてくれるんだろうか…、遠くない???


医師に確認すると、
そういう場合は必ずかかりつけの病院まで送ってくれるそうです。
あぁ、よかった、ほっとした。

逆に、かかりつけ医以外にはまず搬送しないそうです。
妊婦の情報が全くないところへ運べない、とのこと。

もちろん、
救急車で行くのが適切かどうか、病院に確認した上で、
緊急時に限る、と言うことを釘さされました。

はいそれはそれはもちろん。
タクシー代わりに使おうだなんて思ってませんよ!
そんな事態にならないように用心します!

だけど、
気持ちとは裏腹に、どうにもならないときだって、あるかもしれないし。
1人でどうしたら良いかわからないときに「足」のことまで考えてる
余裕ないだろうし。



ひとつほっとしたところで、もうひとつ。

おっぱいマッサージのこと。

妊婦雑誌には、
37週を超える頃から母乳のでのためにマッサージをした方が良い、
と書いてあり、
また別の本には、
おなかが張らなければ少しずつ早めに取り組んだ方が良い、
とありました。

双子やその他ハイリスクの人は医師に相談のこと、と。


私もちょっとやってみたんだけど、
何かやっぱりおなか張る感じはする。
だけどおっぱいが固くて出ないんじゃ困るし、できるならしたいな、と
医師に相談してみましたら、、、

やらないでください、とのこと。

しかも、
まだ早すぎる、と。


37週以降で普通の経膣分娩の人ならいいけど、
双子で帝王切開で、という予定なので、やめてください、と。


はい、わかりました…。



それと運動のこと。

先日ママパパ学級で講演してくれたさめじま先生が言っていた、
「妊婦さんは体を大事にし過ぎたらダメ、
 ジョギングくらいはしてもいいんだ、その位動いた方がいいお産になる」
という話をして、

ダメなんだろうとは思ってますが、どうなんでしょうか???

と聞いてみた。


やっぱりダメ。
どういう意図でそういう発言になったんでしょうねえ、危険な発言かも…、と。

まあたぶん、ある程度誇張した話でもあるんでしょうが、
管理されている妊婦さんで状態が良ければ、大事にしすぎないように動いた方が
体力がついていいんだよ、というようなことなんでしょうね。


やはり私は、
食事管理をしっかりして、なるべく安静に過ごす、
という妊婦生活を送るようです。

今回の健診では、食事管理がんばってるみたいですね、と
ほめてもらいました。
300gの体重増加があったのですが、
それでおさまってるというのが見えるので、がんばったのがわかります、
と言ってくれました。うれしー。

血圧も今のところ平気だし。
もしも140/90とかなって、安静にしてても下がらないとかになったら
すぐ電話してください、と言われました。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。